MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

為替変動をスワップ吸収 FXなら負けない投資が可能だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/28 06:00

 FXのスワップ金利を利用すれば、損失をスワップが吸収してくれる。ただしそれは「買い」から入った「買い持ち」の場合だ。売りから入ると、逆にスワップ金利を支払わなければならなくなる。負けない投資をするには、この点をしっかりと理解してのぞもう。(バックナンバーはこちら)

外貨を買い持ちにすればいつか必ず益が出る

 為替の相場変動では下がってもゼロ以下にならない。上げは無限大となる。外貨を売り持ちにして相場が上昇すれば損は無限大となる。外貨を買い持ちにすれば相場変動での損失はゼロまでだ。それ以上は損をしない。まことに単純だがこれが基本である。

 金利差において円金利が他の通貨より常に低いという前提では、外貨を買い持ちにして持ち続ければスワップ金利が溜まり、相場変動で差損が出てもいつかはそれを賄うことができる。

 逆に外貨を売り持ちにして差損が出れば、スワップ金利を払い続けることも加わって損失が拡大し続ける。もちろん相場変動は必ず損をするわけではなく益が出るときもある。

 ただ最悪の事態を想定すれば上記の通りとなる。為替差損が必ず出るという前提ならば外貨は買い持ちにするしかない。

 つまり為替差益が出る時は、

外貨買い持ちの時は 総合益=為替差益+スワップ益
外貨売り持ちの時は 総合益=為替差益-スワップ益

となる。同じ幅の変動益であっても外貨の買い持ちではスワップ益が加算されるが、売り持ちではスワップの支払いが減じられてしまう。

 外貨を買い持ちにすれば相場の変動にかかわらずいつか必ず益が出るが、逆に外貨を売り持ちにし続ければいつかすべて損となるのである。

 例えば1985年に外貨証拠金取引で1ドル240円でドルを買った人と売った人が、今までそして今後もそのポジションを保有し続ければ240円で買った人のほうが儲かって、売った人は損失に転じてしまう。現在よりはるかに高い240円で売った人に追証が発生してしまう。これが金利差の怖いところだ。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 野村 雅道(ノムラ マサミチ)

    1979年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1982年ニューヨーク支店にて国際投資業務、外貨資金業務、外国為替業務に携わる。1985年帰国後、本店にて外国為替チーフディーラーとして活躍。1987年ファーストシカゴ銀行へ転出、スイス銀行を経てBNPパリバ銀行外国為替部市場部長。東京外国為替市場の中心として活躍した。現在は、FX湘南投資グループ代表(FSIG)ならびに専修大学、中京大学講師。テレビ、ラジオ、新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。著書に『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 』(講談社+α新書)など。執筆中のブログ「ID為替研究所」「ID為替レポート」「野村雅道と楽しい投資仲間達」も人気。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5