MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

2010年、日本が中国にGDPで追い抜かれるという事実
歴史で検証する中国経済の実力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮島 理[著]
2010/02/20 14:00

今年、中国のGDPが日本を追い抜く。しかし、2000年の歴史では、中国のGDPは世界トップクラスが当たり前だった―。

 2009年の日本の名目GDP(国内総生産)は5兆849億ドル(474兆9240億円)であることが内閣府の統計でわかった。日本を追い上げる中国の名目GDPは4兆9090億ドルだった。

 日本は1968年以来、名目GDPで世界2位を維持しているが、2009年も何とかその地位を守ることができた。しかし、2010年は中国に抜かれて、日本は世界3位になることが確実視されている。いよいよ中国の時代になり、日本は世界はおろか、アジアの中でもリーダーシップを発揮できなくってしまうのか。

 しかし、歴史を俯瞰してみれば、そう焦ることもなさそうだ。世界経済を2000年というスパンで見てみると、中国という国は、日本はおろか欧米と比べても圧倒的にGDPでトップクラスを走っていた。日本が中国にGDPで負けるのは、ある意味自然なことなのかもしれない。

『経済統計で見る世界経済2000年史』(アンガス・マディソン著、柏書房刊)によれば、物価の影響を考慮に入れた実質GDPで見てみると、中国は19世紀前半まで、ずっと世界シェア20%を超える経済超大国だった。現在のアメリカが20%程度、日本が10%未満のシェアであることを考えると、その大国ぶりがわかる。

 そんな中国が没落を始めたのは19世紀後半のことだった。さらに共産主義国になって経済が本格的に悪化し、世界シェアは5%を切るまでになった。それが改革開放政策によって上昇し、ついには日本を追い抜くまでになったのである。

 このように歴史的に見れば、2000年前から人口の多い国だった中国が、GDPで大きな世界シェアを占めるのは自然なことだと言える。むしろ、多くの人口を抱えているのに、GDPが極度に低かった19世紀後半以降の方が、異常な状態だった。

 ただし、その国の生活水準を表すのは、GDPではなく1人当たりGDPである。中国の1人当たり名目GDPは2008年に3000ドルを突破したが、まだまだ低い水準だ。近年の日本の1人当たり名目GDPは3万ドル台前半で推移しているから、その差は依然として大きい。

 歴史的に見ても、1人当たりGDPについて言えば、昔から日本は中国よりも比較的豊かだった。古代から中世までは、日本と中国の1人当たりGDPはほぼ同じだったが、江戸時代には、日本の方がすでに豊かになっていた。

 少子化で人口が減少している日本としては、GDPよりも、1人当たりGDPを重視していく方が適切ではないだろうか。今年、GDPで中国に追い抜かれてしまうことは、日本が経済的な目標を見つめ直す、良いきっかけになるのかもしれない。

【関連記事】
先進国の宇宙開発競争は割に合わない? 国威発揚に燃える国と燃えない国
日本の新幹線技術は世界で勝ち残れるのか 技術移転で競争相手が増えていく過酷なレース
視聴率20%超えで好調な出足の大河「龍馬伝」+関連書籍も予想外の売れ行きで経済効果も
日本の財政破綻で円暴落か 海外からみた日本のホントの評価

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5