MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

4月の株主優待はいろいろ変更あるので注意が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
rika[著]
2010/04/09 10:00

皆さんこんにちは。年間300個以上の株主優待を獲得している毎日優待三昧のrikaです。この連載では私が経験した株主総会についてのお話しを中心に進めていきます。(バックナンバーはこちら)

一年で一番権利銘柄の多い3月の釣果は・・・

 今年も一年で一番権利銘柄の多い3月が終わりました。皆さんの中にも優待の権利を確定された人が多いかもしれません。

 さて、この時期は権利確定とともに、企業では株主総会が催されます。私も3月24日~26日に東京に遠征し、いくつかの企業の株主総会に参加してきました。

 26日の日中は、権利付き最終売買日なので、株式相場も気になるところでしたが、やはり総会にも参加したくて25日の夜中に銘柄の売買などいろいろ戦略を練って、指値注文して出かけました。

 それにしても今月は、「100株」の注文を「1000株」と間違えたり、今後分割する銘柄をその事実を知らずに購入してしまったり、「クロス取引」を行い、逆日歩にドキドキしたりと、とてもスリリングでした。

 クロス取引とは、簡単に説明すると株主優待の権利確定日までに「買い」と「信用売り」を同時に行うことで、株価に影響されずに株主優待を得る方法です。

 ただしこの逆日歩は、その銘柄が「信用買い」より「空売り(信用売り)」が多くなり株不足になったときに、「空売り」している人から徴収する手数料のことで、逆日歩が利益を上回ると、投資家は損をしてしまいます。

 今回逆日歩による損失は少なく、長期保有を含めてこの3月は122社ほど優待を取得しました。長期保有の多くが実は塩漬け銘柄なのですが、それでも初めて取得した銘柄もいくつかあり、優待品の到着が楽しみです。

私が参加した3月開催の株主総会

 3月24日は酒造メーカーのメルシャンの総会に出席した後に、ホテル業などを営む藤田観光の総会に参加しました。

 メルシャンは開始前にドリンクサービスがあり、コーヒーいただきました。また総会のお土産に投資家に対してワインを1本プレゼントがありました。藤田観光は、過去にも参加したことがあるのですが、今年も懇親会に参加したくて同社が運営する施設「椿山荘」に向かいました。

 椿山荘は、昨年は桜が綺麗でしたが、今年はあいにくの雨で、まだつぼみが多かったです。総会では質問は優待券についてのもの多かったです。というのも、同社の優待はホテルなどで利用した場合に定価からの割引になるものなのですが、優待を利用するよりも、もネットなどで予約した方が安い場合があり、お得感が少ないのです。

 ただし、今年6月に秋葉原にホテルをオープンする予定で、私も楽しみにしています。6月にはまた多くの企業が東京で総会を実施するので、その時にでも優待を利用して宿泊してみたいです。

 さて藤田観光の総会ですが、今年は早めに終了し、懇親会がスタートしました。多くの株主が参加できるように会場は2つあり、お料理はビュッフェ形式で種類も豊富、とても美味しかったです。とくにローストビーフは絶品でした。また料理はなくなったらきちんと追加され、最後まで食べていたらお腹が一杯になりました。

 飲み物は、キリンのノンアルコールビール「キリンフリー」が用意されていたり、ピアノの演奏があったりと、今まで参加したなかで、一番食事が豪華でゆっくりできる懇親会だと思いました。

マクドナルドの総会では興味深い質問が

 翌日25日は夫と、【2702】日本マクドナルドホールディングスの総会に参加しました。これがなかなか興味深い内容でした。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • rika(リカ)

    人気投資ブログ「毎日優待三昧」管理人。2002年に株主優待に目覚め、優待生活にはまる。2005年には230個以上の株主優待の権利をゲット、食べるものから生活用品、遊びまでそのほとんどを株主優待を利用。02年8月に株主優待に目覚め、スギ薬局、松竹、オリエンタルランド株を購入して、投資家デビュー。03年4月からはネット証券に口座を開いて本格的に株取引を始める。好調な相場に乗って、元手1500万円を3000万円以上に増やした。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5