MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

相場が乱高下する時こそ「自分を貫け」 投資スタンスを見極めて臨む株式投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2010/06/29 10:00

株価乱高下の時には、株価のみならず心が振らされ易くなります。心が振らされれば、相場の見方も取り組みもブレ、投資結果も安定しなくなります。(バックナンバーはこちら)

株価乱高下、とくに大幅下落の際に

 株価乱高下の際に、とくに株価大幅下落の際に、個人投資家はとかく「買い」か「売り」かを考えがちです。しかし、株価乱高下時の買いか売りかの予測は、当たるか外れるかというギャンブル的要素が大きくなってしまいます。なにしろ上がるか下がるか、買いか売りかが分からない参加者が多いからこその乱高下なのですから。

 また、株価大幅下落の際に買いを売りかを検証しても、結果は運任せになりがちです。もう下がらないと思ったところからさらに下げたことによる大幅下落であり、まだ下げると思ったところで急反発するのが大幅下落後の特徴だからです。

 そんな乱高下の時も、大幅下落の時も、当たり前ですが株式市場には常に参加者がいます。その参加者たちが、どのような思惑で市場に参加し、どのようなスタンスで売買を行っているのかを考えることは、自身にとっても、株式需給等を推測する上でも有益なことでしょう。今回は、その参加者の投資スタンスに関し、ご一緒に考えてみましょう。

株価乱高下を好感する人、嫌気する人

 株価乱高下こそ収益機会(チャンス)という人がいます。一方、株価乱高下時は見送る・見極めるのが投資の定石と言う人もいます。このどちらが正しいかを議論しても意味はないでしょう。単なる投資スタンスの違いです。

 株価乱高下こそ収益機会という人は、短期的な値動きの大きさを利用して、収益機会を見いだす短期投資家(特にデイトレーダー等)がほとんどです。株価が動かなければ収益機会を得られない短期投資家が、株価乱高下をチャンスと捉えるのは当然のことです。

 一方、株価乱高下時は見送る・見極めるのが投資の定石という人は、中期・長期スタンスの投資家なのでしょう。短期投資家は株価乱高下を収益機会と見ますが、中期・長期スタンスの投資家は株価乱高下を市場の不安定(株価の方向性が見えない)と捉えます。株価の方向性が見えない中で、中期・長期でポジションを取れるはずもなく、見送る・見極めるのが定石と言うのも当然です。

 単純な例ではありますが、このように相場の見方、取り組み方は、投資スタンス、とくに投資期間により大きく変わります。投資期間を短期・中期・長期に分けて見ていきましょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5