MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

女性雇用が回復する中で低迷する男性雇用
世界的な「男女失業率格差」はなぜ起きたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮島 理[著]
2010/07/31 14:30

日本では、女性の失業率が男性の失業率を下回る現象が10年以上続いている。女性よりも男性の雇用が悪化している原因は何なのだろうか。

 6月29日に公表された総務省「労働力調査」によれば、5月の失業率(完全失業率)は5.2%となった。男女別に見ると、男性の失業率は5.5%であるのに対して、女性の失業率は4.7%と低い。女性から雇用が回復し始めているとの分析もあるが、どうして男女で失業率に違いが生じているのだろうか。

 1990年代半ばまでは、男性の失業率の方が、女性の失業率よりも低かった。それが1998年度に逆転して以来、女性の方が失業率が低い状況が続いている。2009年度には、男性の失業率が5.5%、女性の失業率が4.8%と、年度別で過去最大の差が開いた。

 男女で失業率に違いが出ているのは、就労する業種が影響していると見られている。傾向として、男性は製造業や建設業に就労し、女性は医療・福祉・教育やサービス業に就労することが多い。1990年代後半から公共事業が削減されるようになったため、建設業の雇用状況は慢性的に悪化している。製造業についても、工場の海外移転による産業空洞化、世界不況による輸出減少などによって、国内の雇用情勢は苦しくなっている。一方で、医療・福祉・教育、サービス業の雇用は相対的に堅調だ。

 他の先進国でも、日本と同様の傾向が見られる。アメリカでは、ITバブル崩壊後に、女性の失業率が男性の失業率を下回る逆転現象が起きた。サービス業が成長している先進国では、サービス業に従事する女性の失業率が相対的に低くなりやすい。(なお、このことと、採用・昇進における男女差別とはまた別問題である)

 反対に、途上国においては、男性の失業率が女性の失業率を下回る傾向にある。建設業や製造業の成長が著しい途上国では、男性の失業率が相対的に低くなりやすい。ただ、中国沿岸部のように、途上国の中でも成長段階が進んでいる地域では、女性の失業率の方が低くなっている。

 各国で見られる「男女失業率格差」は、産業構造の特徴を反映している現象と言えそうだ。

【関連記事】
「勝てない」が通説の国税庁相手の裁判に勝利した女性
急増する法律事務所のCM 過払金返還請求で潤う業界事情
新聞記事満足度1位は「テレビ欄」という現実に驚愕
「ジャパン・クラッシング」と揶揄される日本 だが発想を変えれば今こそ逆張りのチャンスだ

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5