MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

為替介入でなぜ株価は急騰したのか 毎回繰り返される「介入と株価」の関係を暴く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2010/09/24 09:00

株価急騰時に投資初心者の多くの方が抱く疑問「なぜこれほど上がったのか?」。今回は、今月の株価急騰の材料となった為替介入を例に、株価材料と株価の関係を御一緒に考えてみましょう。(バックナンバーはこちら)

株価材料と株式市場の値動きの関係

 前回は、大衆メディアや個人投資家の多くが、単純化された情報を好み、それに流されやすいというお話をしました。

 今回は、今月の日本株式市場で一番のイベント、インパクトとなった為替介入を例として、株価材料(報道)を受けての投資家の心理・反応、株価の動き等を考えてみましょう。

 2010年9月15日、15年ぶりのドル円82円台突入で、日銀は6年半ぶりの為替介入を実施しました。その当日の報道と、値動きを振り返ってみます。

 9月15日午前10時半頃に「日銀が円売り介入を行ったようだ」との観測から、日経平均は急激に上昇。午後には「2000-3000億円規模らしい」との観測も聞かれ値を保ち、日経平均はほぼ高値圏の前日比217円高で取引を終了しました(なお介入規模は後に、1日当たり史上最大の1.8兆-2兆円との観測がありました)。

 これにより、日経平均の日中値幅は379.45円と今年最大を記録し、東証1部売買代金は約1兆6736億円と約3カ月ぶりの高水準となりました。為替介入という大きな株価材料に、大きな市場の反応と、大きな値動きを示した格好です。

 「知ったら終い(しったらしまい)」という有名な相場格言があります。株価が動きそうな材料があっても、実際にその材料が正式に報道されたら、その相場は終わる。株価は思惑・観測で動き、事実報道で出尽くしとなるという格言です。

 9月15日の為替介入に関しては、野田財務大臣が口先介入を繰り返していたために、すでに思惑・観測はあり、為替介入自体にサプライズはなく、「知ったら終い」となってもおかしくはなかったのですが、政府・日銀の迅速な対応への期待感がまったくと言っていいほどなかったことで、株価がこれを織り込んでおらず、今回、株価は好材料に素直に反応し、急騰となりました。

 株価材料と株価の反応の関係は、単に材料の好悪だけではなく、事前の市場の(相場参加者の)期待・警戒・楽観・悲観などのセンチメント、材料(報道)の織り込み具合、株価位置などにより決定される部分も小さくないことが分かります。

株価急騰時の投資初心者の方の疑問

 株価急騰時によく、「今日はなぜこんなに上がったのでしょうか?」とのご質問を受けるのですが、そんな時、私は冗談半分に「上がったから上がったのでしょう」とお答えしています。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5