MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

売買ルールはシンプルな3つの指標で作れ!
移動平均、期間高値/安値、前日比で勝てる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/25 09:00

 この連載を読めば、株システムトレードがわかる! シストレをやるうえで、ぜったいに必要なノウハウを厳選してお届けします。

シストレで利益を上げるならこの3つ! 覚えるべきテクニカル指標とは?

 こんにちは、船越です。連載2回目となる今回から、売買ルール作りのノウハウをお伝えします。

 売買ルールを作る上で最初に悩むのが、指標選びでしょう。テクニカル指標は世の中に山ほどあるため、ちょっと調べただけでも頭がクラクラします。そのうえ、日々新しいものが開発され、数が増えていきます。いったいどの指標を使えば勝てるのか? 初心者はなかなか決められません。

  しかしご安心を。ありとあらゆる指標をマスターしないと利益が出せないなんてことはありません。誰でも知っているシンプルな指標で、しっかり利益が出せるんです。

 大切なことは、指標の本質を知って使うということです。指標に振り回されてはだめですよ。

 それでは最初に覚えていいただきたい3つの指標を紹介していきましょう。

シストレで利益を上げるテクニカル指標[1]:移動平均線

 至るところで目にする、まさにテクニカル指標の王様といえるでしょう。内容は単純。「△△日間移動平均」なら、△△日間の終値を足して△△日で割った値という、シンプルな平均値です。

 △△には、5日/10日/15日/25日/75日などが入ります。たとえば「25日間移動平均」なら、過去25日間の終値の平均を指します。この平均値を線で結んだものが、移動平均線となります。

 移動平均線を見ると、株価が今どのようなトレンドにあるのかがなんとなくわかります。△△日間の期間を短くすると、終値の変化に敏感な線になり、逆に長くすると鈍感な線になります。

 移動平均線に次いでよく使われるのが、移動平均乖離率です。これは終値と移動平均がどれだけ離れているかを表す数字です。

 現在の株価が110円で移動平均値が100だった場合、移動平均乖離率は+10%と表現されます。移動平均乖離率が、+ (プラス) 値なら、終値が平均値より高いことがわかり、- (マイナス) 値なら平均より低いことがわかります。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 船越 英和(フナコシ ヒデカズ)

    有限会社ツクヨミ 代表取締役。
    1970年生まれ。ゲームソフトのプログラマー、Windows用パッケージソフト開発、組み込み系エンジニアを経て、2005年に有限会社ツクヨミを設立。 本業のソフトウェア開発経験と、趣味である投資経験を生かし、2008年からシステムトレードソフト イザナミ の販売を開始。 2010年、大手証券会社プログラムトレーディング部門への導入、公立商業高校への投資教材としての納品を実現。
    システムトレードという素晴らしい投資手法を世に広めるために鋭意活動中!

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5