MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

年賀はがきの発売開始、今年は香り付きも
ネット上では年賀状作成サイトが続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/07 10:30

年末年始には欠かせないアイテムである年賀状。郵政グループは新たな年賀はがきを販売。ネット上では各社が年賀状作成サイトを開設。

 日本郵政グループは11月1日、全国の郵便局で平成23年用の年賀はがきの発売を一斉に開始した。当初の発行枚数は、寄附金付年賀はがきと合わせて36億5500万枚とし、昨年の最終発行枚数38億9776万9000枚と、ほぼ同様の発行枚数となる見込み。

 今年は、無地の年賀はがきを減らす一方、人気の「ディズニーキャラクター年賀」は大幅に増加するという。また裏面にプーさんの絵柄があり、絵柄を軽くこすると花の香りがする「ディズニーキャラクター年賀(香り付き)」が今シーズンから一部の郵便局などで販売される。

 一方、インターネット上では、ヤフー株式会社が1日から「年賀状2011」特設サイトと、でお年玉付年賀はがきを使った、オンライン上での年賀状の作成・購入・投函ができる「ネットで年賀状」のページを同時に公開。

 ニフティ株式会社も2011年の年賀状デザイン・素材を提供し、年賀状のプリント注文を受ける「@nifty年賀状2011」を開始する。「ガチャピン・ムック」「うさるさん。」「デイリーポータルZ(Zくん)」などの人気キャラクターを題材にした@nifty限定デザインほか、600点以上の@niftyオリジナルデザイン・素材を提供する。

 また、NECビッグローブ株式会社は、SaaS型動画デコレーションサービスの「DecorationStudio(デコレーションスタジオ)」を、日本郵政の年賀特設サイト「郵便年賀.jp」に「ムービーデコ年賀」として提供。オリジナルのメッセージムービーを作成し、年賀状にQRコードを印刷して送付できる新規コンテンツで、同サイト上で無料で作成できるという。

 電子メールなどに押され、年々発行枚数が減っているという年賀はがき。しかし、日本郵政グループは新しい商品を提供するなどのサービスを強化し、各ポータルサイトでも年賀はがきと連携したサービスを開始している。

 メールのみで済ませる人、ネットを利用して年賀状を作成する人、年賀はがきのみという人など、その形式は変わっても、年末年始の挨拶は日本人にとって欠かせない行事のようだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る

この記事に登録されているタグ


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5