MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

だからあなたは負けるのです…独りよがりな株式投資に陥る心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2010/11/30 10:10

株価が動けば心が動く、心が動けば人と金が動く、人と金が動くから株価が動く。こうしてマーケットでは予想以上に株価が上昇する場合があります。(バックナンバーはこちら)

卵が先か、ニワトリが先か

 投資家(資金)が動けば株価は動きます。株価が動くと、投資家の動きも活発になります。値動きを好感し、投機家も現れます。

 投機家が株価を動かしたことで、投資家が動く場合もあります。投資家が動いたから株価が動いたという事実だけではなく、株価が動くことで注目が集まり、投資家・資金流入が増加し更に株価が動くという現実もあるのです。

 チャート分析、それに基づく売買と株価変動においても同様のことが言えます。「毛抜き底」や「逆三尊」などの、誰もが知っている「買いシグナル」は、その典型でしょう。

 過去から現時点における売買・投資家心理が、その買いシグナルを発生させたという面もあるのでしょうが、その買いシグナルが発生した結果を見て買う投資家もいて、買いシグナル発生後に株価が上昇するという面もあるのです。

 日本を代表するチャートである一目均衡表を考案した一目山人(細川氏)は、「一目均衡表は、それを使う人が増えれば増えるほど、その威力を発揮する」との言葉を残しました。

 この言葉の解釈はさまざまですが、「投資家の心理と売買の結果がチャートを描画するが、そのチャートに注目が集まらなければ、その確度・機能性は低下する。そのチャートに注目が集まり、市場参加者の売買判断が一致するほど、チャートは機能する」ということでしょう。

 言いかえれば、チャートにシグナルが発生しても、そのシグナルに気がつかない投資家が多ければ、そのシグナルの的中率は低くなるということです。つまり、株価、チャートとは、市場参加者の注目なくして明確な値動き、大きな値動きとはならないという性質があるとも言えるのではないでしょうか。

 反面、注目が集まり、コンセンサスが一致した場合、特に一致し過ぎた場合には、「買うから上がる、上がるから買う(売るから下がる、下がるから売る)」、「買いが買いを呼ぶ(売りが売りを呼ぶ)」と言われる状況となり、株価は急騰・急落し易いとも言えそうです。

投資家は株価変動を納得したい

 株価が大きく動いた場合、投資家が抱く疑問は、「なぜこれほど大きく株価が動いたのか?」というものでしょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5