MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

売上3倍増「次世代自販機」増加
利用者に応じてオススメ商品示す高性能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮島 理[著]
2011/01/02 16:00

大型のタッチパネルディスプレイを備えた、一際目を引く次世代自販機が次々と展開されている。マーケティングにも応用できる新機能とは。

 次世代自販機が続々登場している。先月12月25~27日には、JR東日本の渋谷駅と池袋駅にもお目見えした。

 従来の自販機と違い、次世代自販機には商品の陳列棚が存在しない。大型のタッチパネルディスプレイを備えており、商品のラベルや値段は画面に情報として表示される。利用者は画面をタッチして商品を購入する。

 さらに、組み込まれているカメラにより、次世代自販機の前に立っている利用者の属性情報(性別・年代)を判定。時間帯や気温も考慮に入れながら、タッチパネルディスプレイに「おすすめ」マークが表示される仕組みになっている。カメラで利用者の顔を検知して、顔立ちやシワなどから性別と年代を特定する技術が応用されている。これらの属性情報はマーケティングにも活用される。なお、個人情報は記録されない。

 渋谷駅と池袋駅に次世代自販機が設置されたのがちょうど昨年のクリスマスの時期ということもあり、タッチパネルディスプレイには期間限定のクリスマスコンテンツが登場した。おすすめ商品につけられる「おすすめ」マークが、プレゼントの入った赤い靴下になっていたり、商品購入時の「サンクス画面」では、サンタクロースの格好をした自販機のキャラクターが雪だるまを従えて「Thank you!」とお礼を言うなど、趣向が凝らされた。

 次世代自販機は今年のトレンドだ。昨年3月には、インテルが次世代自販機のコンセプトモデルを発表していた。こちらも大型のタッチパネルディスプレイを備え、カメラによる属性判定機能が搭載されている。このコンセプトモデルをインテルと共同開発した自販機メーカーは、JR東日本に設置された次世代自販機の開発も手がけている。

 JR東日本では、昨年8月から品川駅、11月から東京駅に次世代自販機を設置してきた。従来の自販機に比べて、売り上げは3倍になっているという。今後は、2011年3月までに100台程度、2012年3月までにさらに400台程度を設置していく予定だ。

【関連記事】
1本80円も登場「激安飲料自販機」ビジネス サラリーマンの副業としても人気沸騰
1本120円均一は過去のもの 「激安自販機」増加の背景を探る
シカ保護、Jリーグ支援など…お手軽「募金型自販機」全国拡大
これが取締役の年俸の実態だ 国内大手企業60社「お偉いさんの懐事情」

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5