MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

大証の新売買システム「J-GATE」稼働 今後の指数先物市場はどう変わるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2011/02/25 10:00

今月、TOPIX9連騰に象徴される株式市場の盛り上がりに反し、指数先物市場は日に日に出来高、値動きが乏しくなっていました。そして突如動きだした2月22日からの先物市場。今回は、この状況をご一緒に考えてみましょう。(バックナンバーはこちら)

デリバティブ売買システム一新!

 2011年2月14日、大阪証券取引所(以下、大証)で新しいデリバティブ売買システム「J-GATE(ジェイゲート)」が稼働しました。

 それと同時に、取引時間の見直し、マッチング・ルールの見直し、値幅制限制度の見直し、サーキット・ブレーカー制度の見直し、日経225miniのマンスリー限月取引の追加、等々さまざまな取引制度の変更がなされました。詳しくは、大証の「日経225先物・オプション取引制度見直しのご案内」(PDF)をどうぞ。

 大証のホームページによれば、「J-GATE」が導入されたことで、注文発注時間が短縮され、処理能力が以前の15-20倍となり世界最高水準のシステムになったそうです。

 これらのさまざまな変更の中で、証券関係者も個人投資家も最も関心が高かったのは、これまでの前場(9:00~11:00)、昼休み(11:00~12:30)、後場(12:30~15:10)というシステムから、一場制(9:00~15:15、昼休みなし)に変更されたことでしょう。

 事前のアンケート調査ではプロ・アマ問わず「昼飯の時間がなくなるのは困る」「一場制反対!」との声が大勢でしたが、大証は「投資家の利便性や国際的な市場間競争力を向上させる」、「一場制とすることで、以前は対応できなかった昼休みの外部環境の急変に対応できるようになる」を御題目に昼休みを廃止しました。

 たしかに、本家大証の225先物が動いていない昼休みの時間帯に、シンガポール市場のSGX225先物が動いていていることに違和感はありました。そして、SGX225先物が大証の昼休み中に大きく動いた場合に、大証の後場の寄り付き値がSGX225に鞘寄せすることに、なにか釈然としないものはありました。

 しかし、昨年から、特に昨年12月から、指数先物の値動きが極端に乏しくなっている現状では、前場終値から後場寄り付き値のギャップが、ディーラーや個人投資家など短期筋の大きな収益機会になっていたことは事実です。
 今回の「J-GATE」稼働により、投資家の利便性は向上したかもしれませんが、ある種の収益機会が奪われたことも確かではないでしょうか。

 いつでも手掛けることが出来る、いつでも急変に対応出来る利便性とは、逆説的には、「敢て今」手掛ける必然性はない、急変へ備える必要性が低下する(急変が起きてから行動すればいい)ということでもあります。然るべくして、投資家・投機家の売買意欲は低下し、急変へ備える必要性(ヘッジニーズ)も低下し、出来高、値動きが低下したという面もあったと考えることも出来ます。

現物株式市場の活況に対し、株価指数先物の閑散

 TOPIXは2月17日まで9連騰。日経平均は2月21日で6連騰。株式市場の売買高、売買代金は増加傾向を見せていました。特に株価が上伸びした2月16日の東証一部の売買高は26億株、売買代金1.8兆円、2月17日は売買高24億株、売買代金1.8兆円と、活況と言える商いとなりました。

 一方、日経225先物の出来高を見ると、J-GATE稼働初日の2月14日以降、薄商いが続いていました。新システム稼働を投資家が見極めようとすることは当然で、出来高が減少することはおかしなことではありませんが、それにしても現物株式市場に対し指数先物市場が薄過ぎると感じた参加者は少なくなかったことでしょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5