MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

FX「トレード手法に固執する罠」 裁量トレードがFX成功の秘訣なり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/14 10:00

これまでFXでハマる罠にについて述べてきましたが、今回が最終回。最後に投資家が陥りがちなトレード手法にまつわる「罠」を紹介しましょう。(バックナンバーはこちら)

ふさわしいトレード方法は人それぞれ

 トレード手法は、投資家が自由に決められるので、必然的に自分のやりやすい方法をとるようになります。

 たとえば、「チャートを見るのが好き」「チャート分析が楽しい」という人であれば、テクニカル分析を重視して、将来の値動きの予測をします。一方で、「チャートは嫌い」だという人もいます。でも、「世界経済の動きを理解したり、各国の経済状況の情報収集が好き。その情報をもとに将来の値動きを予想する方法がやりやすい」という人もいます。つまり、テクニカル派とファンダメンタル派に分かれます。

 さらに、「長い期間の値動きを予想するのは不得意だから、せいぜい一日で取引を終える」という人もいます。これは、期間に注目してトレード方法を決める人です。デイトレードもあれば、分単位、秒単位で取引を終えるスキャルピングトレードもあります。また、注目度の高い経済指標の発表時を狙って、大きく動いたときだけトレードをする、という人もいるでしょう。

 こうしたトレード方法の中で、どれがいちばん良いかを比べることはできません。トレードをする人にとって、理解しやすい方法であり、自分の生活や仕事に支障なくストレスの少ない方法であれば、どれでも良いと思います。ただし、「儲かれば…」の話ですが。

儲からないときは一度中断してみよう

 すばらしい分析を行っているにもかかわらず頻繁に損失が出る場合、そのトレード手法は「間違っている」、あるいは「自分に合っていない」「相場に合っていない」可能性が高いと思います。ですから、損失が続くようなら、いったん中断すべきです。「次は勝てるかも」とずるずる引きずると、損失は膨らむ一方です。

 恋愛でもそうですよね。相手が何カ月も冷たい態度を示しているのに、「明日はやさしくしてくれるかも…」と期待して、ずるずる引きずってもしかたありません。自分の心の痛みが膨らむだけです。

 こういうときは、現実と向き合って、「なぜ相手が冷たい態度を続けているのか」を考えるべきです。気づきが必要なのは、恋愛もFXも一緒です。もしかしたら、相手は浮気をしているかもしれません。こんなとき、「どうして? どうして私じゃダメなの?」と泣きついてもよけい嫌がられます。だって、「私じゃダメなの?」と聞く前に、私じゃダメだったから浮気しているわけです。

 ついつい話がそれてしまいましたが、FXでも「どうして勝てないの?」と嘆くばかりで、勝てないトレード方法を続けていてもしかたがありません。「なぜ勝てないのか?」を把握し、他の男性へ……いえ、他のトレード方法も考えてみることです。負け続ける悪い流れを阻止するには、いったん中断するのがいちばんです。

 現実に向き合うことによって、これまでのトレード方法でもちょっと気をつければ成功できると気づければ、改善して再びスタートすればいいのです。もしも考えた末に気づきを得られなければ、他の方法を選ぶべきでしょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5