MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 43
「円高で外債ファンドが大損。取り戻せますか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/15 10:00

はみ出し銀行マンの横田濱夫氏が、悩めるMONEYzine(マネージン)読者の投資相談に答えます。投資相談 Vol. 43は、外債ファンドを購入した読者からの相談です。(バックナンバーはこちら)

今月の読者からの投資相談 Vol.43

 5年前に定年となった初老オヤジです。虎の子の退職金3000万円をどう運用しようかと悩んだ末、相談に行った証券会社の勧めで外債ファンドを買いました。毎月分配型で、当時たいへん流行っていた商品です。最初のうちは良かったのですが、去年あたりからの円高で、大幅な値下がりにみまわれました。あれよあれよという間に基準価格が下がっていき、3000万円の投資元本は、今や2000万円を割り込んでいます。38年間の汗と涙の結晶が、悔しくてなりません。勧めた証券会社へ相談に行っても、当時の担当者は転勤でもう不在。後任の担当者は、人の損などどこ吹く風で、また別の商品を勧めてきます。損失を取り戻す方法はあるでしょうか?(無職・男性・65歳)

はみ出し銀行マン・横田の答え

 そういやあったよねえ。「グローバルなんとか」とか「××ソブリン」なんていう流行風邪みたいな商品が。中には1兆円近くも集めた「お化け投信」もあった。

 セールストークもふるってた。「毎月お小遣いがもらえますよ」だの「自分年金をつくりましょう」だの言っちゃって、ウブな中高年層を狙い撃ちした。

「今時、銀行の定期預金に100万円預けたところで、1年間の利息はたったの数百円。ラーメン一杯分にもなりません。それがこの投信でしたら、数万円もの分配金が…」

女郎蜘蛛の巣

 だいたいその世代のおっさんたちは、定年まで勤め上げればまともな退職金をもらえた、最後の世代だった。ある意味じゃラッキーでうらやましい。

 でもって、彼らは大手証券とか大手銀行といったブランドに、やたら弱い。有名で大きいところなら安心できると思っている。

 中には「だってそんだけ儲かるということは、その分、リスクも高いんじゃないの?」なんて聞く者もいるけど、そこは窓口の女郎蜘蛛のほうが一枚も二枚も上手だ。

「お客様、たしかに投資対象が株式ならハイリスクかもしれませんが、これは債券です。債券は株式と違い、基本的にローリスク。しかも世界各国に分散されているのでさらに安全です。老後資金を手堅く増やすにはうってつけですよ」

 いちばん儲かったのは運用会社の連中で、残高記録を更新するたびに金一封が手渡され、当時は毎晩のように赤坂・六本木あたりで豪遊していたもんだ。

分散のようで分散じゃない!

 いわば「時代の徒花(あだばな)」みたいな外債ファンドだけど、落とし穴はちゃんとあった。為替リスクだ。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5