MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 44
「大震災に備えた資産運用法ってありますか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/23 16:00

はみ出し銀行マンの横田濱夫氏が、悩めるMONEYzine(マネージン)読者の投資相談に答えます。投資相談 Vol. 44は、震災などに備えた資産運用について悩む読者からの相談です。(バックナンバーはこちら)

今月の読者からの投資相談 Vol.44

 東北地方を襲った巨大地震、本当にびっくりしました。被害に遭われた様子をテレビニュースで見るにつけ、気の毒でなりません。ただただ人間の無力さを感じてしまいます。そんな時に不謹慎ですが、資産運用も「イザという時に備えておかないと意味がない」と思えてきました。家を失ったら立て替えないといけないし、当面の生活費も必要です。地震をはじめ、大災害に強い資産運用法を教えてください(浜松市在住・自営業・49歳)

はみ出し銀行マン・横田の答え

 まったく怖いよねえ。こっちはたまたま離れた場所にいたからよかっただけで、地震列島日本に住んでいる限り、いつ自分が当事者にならないとも限らない。被害に遭われた方にお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方には、心からお悔やみ申し上げます。

株式大暴落

 さて、そんな大震災に備えた資産運用とのことだけど、これといったものはないと思う。たとえば日本株。ご承知のとおり、いきなり日経平均で1000円も下げてしまった。

 短期でこまめに利食いし、普段はMRFにプールしておく手法ならアリかもしれないが、長期投資で常にはりつけておく場合は逃げられない。なにしろ売却する段になって、市場全体が総崩れしてたんじゃ、銘柄選びもクソもなくなる。

 そりゃあ震災後、時間が経てば、やがて相場も戻るだろう。でもお金が必要なのは「今」なんだ。「やがて」じゃ遅く、なんの役にも立たない。

円高でダブルパンチ

「地震のない海外へ資産を非難させておけばいいんじゃないか?」
 そう思われていた方もいるだろうけど、「これもダメだ」ということが今回わかった。

 被災で日本の経済力が弱まり、円が安くなると思いきや、実際には高くなった。一時、76円台にまで円高が進んじゃったから、為替相場というのは恐ろしい。

 日本の海外投資資金が、一斉に国内へ引き上げる(かもしれない)、との思惑から円高に触れたそうな。人の不幸を材料に儲ける悪い奴がどっかにいるわけだ。

 円高になっただけでなく、日本の株式市場暴落は、海外の株式市場へも飛び火した。嫌な言葉だけど、「日本発世界同時株安」。そうなると、海外株を保有していた人は、円高とダブルパンチで、もう踏んだり蹴ったりだ。

ショボい国債、されど国債

「為替も関係ない」「株安も関係ない」という点じゃ、日本国債がいちばん安全かもしれない。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5