MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「ブラックスワンを過度に恐れる必要は無い」
長く投資をするための工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/08 10:00

ブラックスワンに怯えて投資ができなくても、しばらくすると再びバブルに踊ってしまうのもの。投資を長く続けるには忘れない工夫が必要です。(バックナンバーはこちら)

長く投資をするための工夫

 サブプライムショック、ギリシャ危機、ジャスミン革命、東日本大震災と福島原発事故など10年に一度、100年に一度、あるいは800年に一度ともいわれるような大イベントが続いています。このため、「ブラックスワン」や「べき分布」という概念はかなり一般的になってきたように感じられます。

 一方で、金融のプロと言われる方々の中には、「ブラックスワンを過度に恐れる必要は無い」という意見も少なくは無いようです。

大イベントは一旦起こると思考に大きな影響を与える

 想像していなかった事態であっても、一旦起こると大きな影響があるイベントは、その発生確率以上に人々の思考に影響を与えると言われています。例えば、東日本大震災なみの自然災害が起こるとは思われないような国においてまで原子力発電そのものを見直す機運が広がっており、大イベントの影響の大きさを物語っていると思われます。

 同様に投資に関しても、1度大きなショックやイベントがあると、「もうリスク投資はこりごり」とか「現金が一番」といった行動が極端に増えることも知られています。大イベントの直後はその影響を過大に見てしまうという意味では、「ブラックスワンを極度に恐れることは無い」ということもいえるかもしれません。

ブラックスワンを忘れるリスク

 一方、時間が経過すると大イベントの影響を忘れてしまう傾向にあることもよく指摘されます。日常生活でもそうですし、投資においてもこれは当てはまります。ブラックスワンを忘れてしまうことにより、備えが次第におろそかになり、儲けが出るとポジションを大きくしてしまい、バブルに踊って痛い目を見るというが繰り返しされると個人的には考えています。

 また、投資を長く続けるということは、何回もブラックスワンを経験することとほぼ同義と思われます。つまり、いかに忘れないようにするかが重要となりえるわけです。

長く投資を続けるための工夫

 投資経験を積めば、ブラックスワンに備える重要性は身にしみて分かってくることが多いと思われます。逆を言えば、それを理解しないと長期間投資を継続することは難しいとも考えられます。具体的には、投資経験が浅いうちに過大な投資を行うことを避け、投資金額を限定してeワラントなどで幅広く投資経験を積むことも有効と思われます。

 また、毎年手帳を変えるたびに「ブラックスワンを忘れない」と1ページ目に書き込んだり、PCのスケジュールで半年毎に同種の警告メッセージが出るようにしたりすることも意外に役に立つと個人的には考えています。

 さて、長く投資するためには、目先の乱高下に惑わされてはいけませんが、それではここで視点を変え、長期的なコモディティ相場と新興国経済の循環の関係を見てみましょう。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5