MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

Wii Uの可能性について考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂はE3(米国のゲームの展示会)で2012年発売予定のWiiの後継機に当たるWii Uの概要を発表した。今回はWii Uの可能性について考えてみたい。

Wii以上の普及台数へ

 岡三証券では、Wii Uは

  1. 新しい遊びを生み出す構造を持つプラットフォーム
  2. ヘビーユーザーとライトユーザーという区別が必要がないプラットフォーム
  3. 新しい生活スタイルを生み出すプラットフォーム

になると考えており、Wii以上の普及台数を予想する。

任天堂HPより

新しい遊びの構造

 Wii UはHD対応でマルチコアを採用しており、ゲームハードの能力としては現在のHD対応テレビ等の環境からすると、十分な水準といえよう。また、Wii Uの新しいコントローラはWiiリモコンやWiiの周辺機器にも対応しており、様々なインターフェースの登場も予感させるものであろう。DSが2画面になったことは、新しい遊びを生み出す一つの要因になっているが、新しいコントローラのディスプレイは、テレビと合わせてリビングにゲーム画面を2画面にするという点も注目されるところであろう。さらに、ネットワーク環境や3DSとの連動性も新しい遊びを生み出す要素になりうる。

 任天堂自社ソフトとしては、「New SUPER MARIO BROS. Mii」をWii U向けに発売予定。また、Wii Uと3DSで、「大乱闘スマッシュブラザーズ」の最新作を開発予定で、両機種版に何らかの連動性を持たせるもよう。さらには、Wii U向けに「ピクミン」が発売予定。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5