MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

平成大不況でも利益は出せる!
シストレが停滞相場で有利な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トミー[著]
2011/07/12 09:00

 勝ち組投資家になるには、システムトレードこそ最短ルート。連載をすべて読み終えた後には、きっとあなたもシステムトレーダーとして1人立ちできます。

利益は出せる! 停滞相場がシストレに有利な理由

 こんにちは、トミーです。1年前から始めてきた連載も、残るところあと2回となりました。これまでの連載では、私が培ってきた具体的なノウハウを中心に述べてきましたが、今回は今後の株式市場とシステムトレードの付き合い方について述べたいと思います。

 日本経済は「失われた20年(平成大不況)」と言われるように、1990年のバブル崩壊より厳しい経済状況が続いています。さらに最近では、東日本大震災の財源としての増税がさらなる経済停滞を招き、「失われた30年」に繋がる可能性があるとの声もあります。

 さて、このように長期的な上昇を望みにくい状況では、個人投資家は市場から離れていくものですが、私はむしろこれからの相場はチャンスだと思っています。

 というのも、市場は停滞していてもチャートの波さえあれば利益を出せると思っておりますし、「停滞=急激な変化がない」というのはリスクを抑えることに繋がるからです。

 例えば以下は、東日本大震災以降の日経平均株価のチャートであり、非常に狭いレンジの中での上下を繰り返しています。こういったチャートでは、「押し目」と呼ばれるチャートの波の「谷」の部分をとらえれば、リスク少なく確実に利益を重ねることができます。

東日本大震災以降の日経平均株価の推移

 このような超短期のチャートパターンを抽出する投資は、機械的にチャートパターンを抽出するシステムトレードでこそ実現可能ですので、これからはシステムトレーダーにとって有利な時代になると思います。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5