MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

SNS「婚活で利用したいと思わない」が8割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/01/08 14:00

 mixiやFacebookなどのSNSを、婚活のツールとして利用している人は少数派だが、メリットもないわけではなさそうだ。

 ライフネット生命保険の調査によれば、mixiを「婚活目的で利用したことがある」と答えた人は2.5%で、「婚活目的で利用してみたい」と答えた7.4%と合わせて、肯定的にとらえている人は9.9%にとどまった。「婚活目的で利用したいとは思わない」と考えている人は81.4%に上る。

 一方、Facebookでは、「婚活目的で利用したことがある」と答えた人は0.2%で、「婚活目的で利用してみたい」と答えた6.9%と合わせ、肯定的にとらえている人は7.1%だった。「婚活目的で利用したいとは思わない」は78.7%である。

 SNSを婚活目的で利用する人が少ないのは、SNSの運営会社や業界が犯罪被害防止を呼びかけているため、犯罪に対する自己防衛意識が高まっていることが影響しているとみられる。

 「婚活目的でSNSを利用するとどんなデメリットがあるのか」を複数回答形式で尋ねると、「信頼できる情報なのかが分からない(61.8%)」「交流相手の身元が分からない(51.3%)」「個人情報を悪用される不安がある(47.0%)」などといった意見が多数を占めた。

 一方、メリットについて複数回答形式で尋ねると、「無料で利用できる」が41.7%に達した。結婚相談所で婚活をすると、入会金のほか月会費や成婚料、オプション料金などが必要になり、その費用総額は10万円~30万円に及ぶ。SNSにはこうした費用負担がないため、経済的なメリットは大きい。このほかの意見には、「趣味が近い人が集まっている(40.7%)」「気軽に交流できる(39.6%)」「大人数と触れ合える(20.2%)」などがあり、上手に利用すれば、SNSも婚活ツールとして有効なのが分かる。

 費用面や結婚相手の条件として「共通の趣味」を重視する人は、婚活にSNSを利用してみるのもよさそうだ。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5