MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

FX取引のメリット・デメリット レバレッジの虜になるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/11/22 08:00

 プロでも厳しかった、過去5年間の投資運用。これまでとは手法を変え、リスクヘッジすることが必要です。未来のための投資運用術をプロが教えます。

 MONEYzineをご覧のみなさん、こんにちは。ヘッジファンド証券株式会社の眞野定也(まの さだや)です。

 前回は、意外に知られていない株式投資の基本についてお届けしました。今回は、インターネットの普及で、手数料が安く、一般の方でも容易に参加できるようになったFXについて考えていきたいと思います。

そもそもFXとは

 まず、FXそのものについて簡単に説明していきましょう。FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、外国の通貨を売買して利益を得る取引のことです。

 通貨を売買して利益を得るとは具体的にどういうことでしょうか。たとえば、海外旅行に行く際など、日本円を米ドルに交換しますよね。出国前と出国後で、「1ドル=◯◯円」が変化したらどうなるでしょうか。

出国前

 相場を1ドル=100円と仮定します。日本円で100,000円を米ドルに交換すると1,000ドルとなります。

帰国後

 相場が変動し、1ドル=120円になったと仮定します。同じ1,000ドルを日本円に交換すると120,000円となります。

 結果として、旅行期間中の為替変動によって20,000円もの利益が上がることとなりました。

 現在、円相場は1ドル78~79円代を行ったり来たりしていますが、1ドル78円の時に日本円で米ドルを買い、1ドル79円の時に売れば、利益が出せるということです。逆に1ドル78円以下で売ることになれば、損益になります。

FX取引2つの特徴:「レバレッジ」と「スワップポイント」

 FX取引のポイントは大きく2つあります。

  • レバレッジ
  • 金利差(スワップポイント)

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

レバレッジ

 FXの最大の特徴は、手元の資金を担保に、何倍もの金額の取引が出来る「レバレッジ」が使えることです。例えば、手元資金が10万円の場合、レバレッジを10倍にすれば、100万円分の通貨を取引することができます。為替差益やスワップポイントも10倍になります。

 少ない資金で大きな取引を行うことができますが、その分リスクも大きくなり、FXはハイリスク・ハイリターンの投資とも言われています。現状は、法改正によりレバレッジは2010年に最大50倍まで、2011年には最大25倍までと規制がかかっています。

金利差(スワップポイント)

 まず、下記の各国の政策金利の推移一覧をご覧ください。縦軸は「%」、横軸は「時期」です。

 グラフのように、国ごと金利は異なります。そのため、日本より金利の高い通貨を保有する際には、その金利差を「スワップポイント」としてもらうことができます。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 眞野 定也(マノ サダヤ)

     1999年、日興證券(現SMBC日興証券)株式会社に入社。国内外の株式、債券、投信、私募ファンドの販売に従事。2008年9月、IPO証券(現アイネット証券)株式会社 取締役に就任。2009年にはIPOアセットマネジメント株式会社に入社。2010年6月より、ヘッジファンド証券株式会社 代表取締役に就任。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5