MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

アベノミクスに呼応して給料アップする流通各社 1億円プレイヤーの夢が描けるのはどこだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン&アイHDやローソン、ファミリーマート、メガネ「JINS」ブラントのジェイアイエヌなど、流通各社が社員の年収アップを打ち出した。この流れは他社にも波及するのだろうか?

「アベノミクスで給料アップ!」は内需中心の流通各社で起こる?

 グローバル企業である建設機械のコマツが100万円減、トヨタ自動車は90万円のダウンである。業績が比較的順調に推移してきた両社にしても、従業員の平均年間給与は、リーマンショック以前と比較すると大幅ダウン。比較的高給を得ていたと推定される団塊世代が定年退職を迎えたという事情を考慮しても、グローバル企業はリーマンショック以降、賞与や残業代のカットで年収が下がっていることは明らかだ。

 一方、内需が中心の流通各社はどうか。メーカーに比べ海外展開が進んでいないこともあり、リーマンショックの影響は軽微だったということだろう。平均給与でいえば、製造業とは対照的にリーマンショック以前を上回っている企業も目立つ。

 今回の「年収アップ宣言」の口火を切ったローソンの従業員平均給与はそもそも、この5年間で64万円アップし701万円に上昇。持株会社体制に移行している企業を除けば、その伸びが目立つ。ミニストップファミリーマートもアップ組。ドラッグストアのサンドラッグ、調剤薬局の日本調剤、ホームセンターのコメリも増額になっている。

 このところの流通の勝ち組は、コンビニやドラッグストア、ホームセンターといわれているが、給料面でも裏付けされているようだ。

 スーパーではダイエーマルエツもやや上向きに転じている。ダウンは高島屋近鉄百貨店ヤマダ電機青山商事ABCマートなど。高島屋の11年度の従業員平均年間給与636万円は、01年度の647万円を下回る水準だ。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5