MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

パンケーキの次は「ポップオーバー」か
アメリカメイドの味ブーム、衰える気配なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/03/15 16:00

 パンケーキブームに続く、新しいおいしさは再びアメリカ生まれの一品か。最近よく耳にする「ポップオーバー」もそんな1つだ。

 今年も続くパンケーキブーム。だが、次なる新しい味として「ポップオーバー」なる一品も、ヒットの兆しをみせている。こちらもパンケーキと同様に、食事としてもスイーツとしても、どちらでも楽しめるアメリカ生まれのおいしさだ。

 ポップオーバーとは、卵をふんだんに使った生地を高温で焼き上げたデニッシュ。中身は空洞なので、商品のビジュアルはシュークリームの皮をイメージすればわかりやすい。食感は、外はサクサクで内側はもちもちとしている。発祥はアメリカ。しかし一説には英国の家庭料理で、ポップオーバーとよく似た「ヨークシャープティング」がルーツともいわれている。食べ方は、フレッシュな野菜類をはさんだり、フルーツやアイスクリームなどをトッピングと、食事にもお菓子にもなるため、甘党以外からも好評となっている。

 日本では2年前の8月に、ハワイから専門店「Muu Muu POPOVER(ムウムウ ポップオーバー・日本での運営はソルト・コンソーシアム/本社:東京都港区)」が横浜にオープンし、現在は東京都内(六本木ヒルズ52階)と2カ所で展開している。メニューには、食事系は3種のハムとチーズ(単品780円)や、スイーツ系では季節のフルーツ&バニラアイスをトッピングしたポップオーバーアイランド(1,080円)などがあり、女性客を中心に連日大盛況のようだ。

 また、ファストフードのフレッシュネスバーガー(運営はフレッシュネス/本社:東京都港区)でも、昨年4月に実施したモーニングメニューの刷新時にポップオーバー(セット450円、単品240円)を加えた。同店では、添えられたクリームをたっぷりつけて食べるのがおすすめ。なお、ポップオーバーは、テイクアウト不可となっている。

http://www.freshnessburger.co.jp/menu/view.html?id=s-10 より

 ポップオーバーを和訳すれば「はじけて飛び出す」。その名の通り、人気の味としてパンケーキの後継者として一気に躍り出るか。今後の動向が注目される。

【関連記事】
おしゃれなふんどし「しゃれふん」で世界を目指す 広告・SEO一切ナシで目立つ方法とは?
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
「10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく」
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
日本の一級品を世界へ!グローバルECサイト「MONOHUB」、たった3人の起業物語

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5