MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「ゆで卵」作りに一役
専用卵やタイマーアプリ、キャラクターの顔型など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/08 12:00

 人気の味「ゆで卵」。調理方法は簡単だが意外と失敗も多い。そこで、いつの世も話題となるのが、おいしく食べるためのモノコトだ。

 鍋と沸騰したお湯があれば、あとは何もいらない。作り方は、いたってシンプルな「ゆで卵」は、誰からも愛される人気の卵メニューだ。しかし好みのかたさに仕上げるのは案外難しい。では、どうすれば上手につくることができるのか。近ごろは、こんな商品たちを使って、おいしいゆで卵を味わう人が増えているようだ。

 まずは素材にこだわるなら、小林ゴールドエッグ(徳島県徳島市)から販売されている「ゆでたまご専用たまご」がよさそうだ。同社のある四国は徳島の誇る鳴門ワカメや鳴門金時、そしてスダチといった特産品の粉末プラス有機飼料で育てられた鶏が産む卵の黄身は濃厚で、ゆでるとホクホクの甘味となる。また白身も卵特有の臭みがなくなり、こちらの味もなかなかのもの。そのため卵好きはもちろん、卵嫌いの人もひと口食べれば、そのおいしさに魅了され、たちまちファンになるという。価格は小20個入りの「ご自宅用お買い得セット」で1,880円(税込)。

 おいしいゆで卵をつくるには、時間管理が重要な要素。そこで、ゆで卵専用のアンドロイド用アプリ「たまご娘-簡単ゆでたまごタイマー(無料)」が役に立つ。画面にしたがい卵のサイズや温度、ゆで加減などを選択後、沸騰したお湯に卵を投入し、タイマーのスタートボタンをタップ。あとはタイマーが鳴るまで待つだけだ。一方、iPhone用のアプリは「パーフェクト・エッグタイマー(100円)」。こちらは卵をスマートフォンを使って実測後、温度やゆで具合を入力。あとはアンドロイド用のアプリと同様の手順で、おいしいゆで卵の完成となる。

 完成したゆで卵に、もうひと工夫でビジュアル的にも楽しみたい。そんな時には、小久保工業所(本社:和歌山県海南市)が、2005年から手がける人気調理グッズのゆでたまごっこの新作「ゆでたまごっこドラえもん」と「ゆでたまごっこドラミ(各1個108円・税込)」を使ってみたい。卵がゆであがったら熱いうちに殻をむき、同商品に入れ、その後10分程冷やせば、あの人気キャラクターの顔型ゆで卵ができ上がりとなる。子どものみならず、大人のお弁当にも一品と加えてみれば、ちょっとした“キャラ弁”感覚となり、ランチタイムがこれまで以上に華やいだものとなるかもしれない。

 そのままでよし、サンドイッチなどの具としてもおいしいゆで卵。今度つくる際には、ただいま巷で流行する各種グッズを利用してみるとよりおいしさがアップしそうだ。

【関連記事】
卵調理の便利グッズあれこれ 電子レンジでつくれる簡単オムレツも
回すとおいしい?ハンドル付き調理器具 納豆のかくはんや米研ぎ、レモン絞りなど
今年も納豆から眼が離せない 2014年日本一、創意工夫モノを紹介
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは
実録!「メルカリ」で34万円売れました ユーザーの反応が早く、法人買取より高値がつく場合も

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5