MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

今どきの女子は貯蓄好き
20代で「500万円以上」が30.5%も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/10 18:00

 年収300万円でも1,000万円を貯めることは可能。そのノウハウをよく知っているのは実は若い女性かもしれない。

 20代の女性といえば、買い物や旅行などに結構、お金を使っているイメージがあるが、500万円以上貯めている人もいる。この春から新しい生活を始めた若い女性の関心も「貯蓄・投資」が上位のようだ。

 マイナビウーマンが4月3日から13日に22~29歳の働く女性106人に聞いたところ、現在の貯金額が500万円以上という人が30.5%もいた。実に3人に1人がしっかり貯めこんでいるのだ。貯金の秘訣は「アルバイト、副業、資産運用」「貯金専用口座に先取り貯金」「1カ月5万円以内で過ごす」などが挙がり、堅実ぶりがうかがえる。

 春の新生活を始めるにあたっても貯蓄は大きな関心ごとのようだ。マイボイスコムが4月1日から5日に行ったインターネット調査(11,716件の回答)によると、新年度に当たって始めたことや始めることを聞いたところ、10代、20代の女性は「生活習慣・サイクルを変える」「部屋の模様替え」に継いで「貯金、投資」が3位となり、他の年代より多い結果となっている。

 そんな「貯蓄女子」のバイブルになりそうな新刊「富女子宣言~20代女子が5年で1,000万円貯める方法」(永田雄三著、幻冬舎刊)がこのほど発刊された。年収300万円の女性が1,000万円を貯めた体験談が収められている。先ずは450万円を目指すことや、お金が貯まる節約術、お金を引き寄せる人間関係の構築法、貯めたお金を賢く運用する方法など、1,000万円を目指すノウハウが凝縮されているという。

 景気が回復しつつあるという一方で、庶民には実感がわかないという声も少なくない。そんな中、若い女性達は周囲に惑わされず、堅実に自己防衛に走っているのかもしれない。

【関連記事】
老後「年金だけでは不安」94.2%、安心するには 平均3,162万円の貯金、貯めるコツは家計簿か
消費金額増減、世帯年収800万円ラインで変化 所得増で貯金増の調査結果も
子ども手当、「貯金や保険にまわしている」4割 一部の教育産業には恩恵も
大学生がお金をかけたい1位は「貯金」 目的は「結婚資金」が25%
若い男性、3人に1人が「給料日までもたない」 節約デート、男女ともに積極的

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5