MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

システム ディ(3804) 業績回復見通し、中期展望に明るさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/28 18:00

 <投資評価[1]からスタート>
過去、業績の季節性の高さや予想の不透明性、株式数が少ないこと、などから株価の変動性は大きかったが、収益、財務の諸指標からみると、基本的には割安感がある。ここにきて主力事業、新規事業とも主力ソフトウェア製品の大がかりな開発はほぼ完了し、着実な収穫期に入るステージに差しかかったと判断される。このため、投資評価[1]からスタートする。当面は2015年12月の高値697円抜けをめざし、さらに、16/10期予想EPSの10倍に相当する800円前後への上昇を期待する。
・・・(杉山勝彦)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
スズキ(7269) トヨタ・スズキ提携交渉と日経が報道(速報)
日本電産(6594) 中長期的な事業機会の拡大に引き続き注目
マルカキカイ(7594) 米州販売と新事業部品輸出が堅調、16/11期は増収営業段階増益を計画
マニー(7730) 1Qはやや低調なスタートで、通期TIW予想を小幅見直し

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5