MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

ユニークな「花器」あれこれ
ガラスや鏡に貼る商品、磁器製、花育用など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/14 08:00

 このところ潤いある暮らしにと、ユニークな「花器」が続々と登場し、注目を集めている。

 部屋に観葉植物など緑はあっても、花を飾る人は少数派だ。しかし花は美しく、見ているだけで何となく気分は落ち着き、晴れやかになるものだ。そのせいか、連日あれやこれやで心が千々に乱れる現代人の間で自室に花を少々と、いま「花器(かき)」を求める人が少なくない。そんな中、最近はユニークな花器が注目を集めている。

 鏡やガラスに貼って花を生ける。するとそこに出現するのは、まるで花が宙に浮いたような不思議な空間。それが「kaki(1,728円・税込)」。アッシュコンセプト(東京都台東区)が提案する機能性やデザインにプラスもうひと工夫を加えた+d(プラスディー)ブランドの花器だ。素材はやわらかく、透明感があり、耐久性に富むポリ塩化ビニル製。接着剤を使わずに繰り返し貼れ、簡単にはがせる。ユニーク、かつ住環境に柔軟に対応して実用的でもある同商品、年代や性別を問わず多くの人々から支持を得ている。

 白い枝のように見える花器もある。「Neo+(ネオプラス)」は、磁器製ながら独特の曲線が特徴の花器だ。花を飾れば、白プラス花の色の姿はシュールな光景でもあり、またインテリアとしても申し分なし。しゃれており、見る者の心を和ませてくれる。タイプは卓上用と壁掛け用の2つ。なお商品の底部分には磁石がはめ込んであるため、卓上式は付属のプレートを使えば自立する。価格は卓上式が6,000円、壁掛け用が3,500円(ともに税別)。商品を企画したのはセラミック・ジャパン(愛知県瀬戸市)。

 訴求対象は異なるが侮れない。子どもの情操教育の一環でもある「花育」のために開発されたこちらは、その名も「hanaiku(花育)かびん(クレイ/本社:大阪府河内長野市)」。子どもが使うことを想定しているため、ガラス製だが落としても割れにくく、くびれを設けた本体は持ちやすい。また水の減り具合も、ひと目で具体的にわかる目盛りもある。この特徴は誰にとってもありがたいようで、部屋に花を飾る丈夫な相棒としてチョイスする大人も多い。どうやら同商品は、大人の“花育”にも役立っているようだ。価格は850円(税別)。

 今年は、部屋の彩りや心の健康、子どもの教育などを考えて花器を選び、花を生けてみるのもよさそうだ。

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5