MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

ワコム(6727) スマホ向けペン・センサーの不透明感払拭できず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/09 18:00

<投資評価は2を継続>
2016年3月期の3Q累計業績(15年4-12月)は、前年同期比7%の増収ながら、同15%の営業減益を余儀なくされた。クリエーター向けペン・タブレットが好調に伸びる一方、2Q(15年7-9月)に出荷の前倒しにより収益に大きく貢献したサムスン電子のスマホ向けペン・センサーのその後の出荷が低調に推移したほか、IT投資の負担も引き続き収益圧迫要因になった。この結果、16/3期通期業績も、前年度9%の増収に対し、同22%の営業減益になる見通し。中期的には、明るい材料も散見されるようになったが、スマホ向けのペン・センサー事業に対する不安が同社株の上値を抑える懸念材料になっている構図はしばらく続くと判断されるため、当面、投資評価は中立の[2]を継続する。
・・(杉山 勝彦)

アナリスト見解(アナリスト・インプレッション)も含めたTIWレポート詳細をご覧になりたい方は、弊社レポート提供先までお問い合わせ下さい。http://www.tiw.jp/service/database.html#inside"

【提供:TIW

【関連記事】
マツダ(7261) 販売好調によるファンダメンタルズ改善が続く
三菱電機(6503) 厳しい環境下で健闘。株価の見方は従来通り
富士重工業(7270) 販売は頗る好調、指標面の割安感が強まる
カシオ計算機(6952) 時計事業は順調だが、通期計画未達の可能性を考慮

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5