MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

寒い季節のおしゃれアイテム「マスク」、
小顔に見せるデザインやパステル調など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/21 08:00

 最近の女性にとって「マスク」は、寒い季節のおしゃれアイテムでもあるようだ。そこで対応する商品も増えつつある。

 これまで「マスク」は体調管理やエチケットのために使うのが一般的だった。ところが最近、女性たちの間では寒さ対策と自らの魅力アップの重要な小道具としても用いられるようだ。

 女性から支持される理由は、防寒や見た目の美しさの効果が大きい。確かにマスクをつけると結構あたたかい。さらに顔の輪郭をスッキリと見せるので、小顔効果といった利点もある。そして新しい使い方が浸透してくると、対応商品の登場となるのが世の習い。マスクの場合も、本来の機能にこんな特徴をプラスしたものはいかがと、このところ新タイプのマスクが登場している。

 まず、そのものずばりの名称の商品が注目されている。「小顔にみえマスク」と「7カラーズマスク」だ。前者はユニ・チャーム(本社:東京都港区)の新商品。特許技術の顔に沿うサイド加工とプリーツ折設計、および角のないラウンドフォルムによって、マスクが顔にぴったりとフィット。頬からアゴにかけてのラインにシャープさを出して顔を小さく見せる。また3層構造の99%カットフィルタでウイルス飛沫や花粉の侵入をブロック。昔ながらのマスクとして使うことも可能だ。価格は278円(税込、小さめサイズ7枚入1セット)。

 そして後者「7カラーズマスク」は、カワイさたっぷりのマスク。プレーリードッグ(本社:大阪府大阪市)が新たに世に送り出したこちらは、その日の装いや、気分に合わせて色の七変化を楽しめる。採用された色は白、薄桜、洗柿、藍白など、全てパステル調なので、どんなファッションにも合わせやすい。もちろん5層構造の本体は、空気中の微粒子を99%カットしてくれるというから心強い。価格は734円(税込、7枚入1セット)。

 一方、マスク着用が増えるのに比例して、マスクのひもが耳に組み込んで痛みを感じることも多くなる。そこで出番となるのがこの一品だ。「グーミミプロテクトクッション」は、お菓子のグミを思わせるさわり心地で、形状も自由に変えられるシリコーン素材のクッション。マスクのヒモ部分に使えば、耳の形に沿って変形し、食い込みを防いでくれる。繰り返し使用することもできるので、ひとつあればマスクライフを一層快適なものにしてくれそうだ。価格は1,684円(税込、2個1セット)。商品を企画・開発したのはマイノロジ(大阪府大阪市)。

 時代とともに、マスクが活躍する場面や目的も変化しつつあるのかもしれない。

 

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5