MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「アフィリエイトで日本を元気にしたい」――アフィリエイトで生計を立てる鈴木利典さんの試行錯誤と野望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/21 08:00

 翔泳社が4月14日に刊行した『プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト』は、アフィリエイトをゼロから始められるノウハウ本です。今回、著者の鈴木利典さんにどうやってノウハウを蓄積されてきたのか、目標の立て方や課題解決などアフィリエイトの実体験をうかがいました。

アフィリエイトをやるなら目標金額と期間の設定が重要

――鈴木さんは『プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト』の中で、これまで試行錯誤されてきた結果を紹介されていますが、そもそもアフィリエイトを始めようとしたきっかけは何だったのでしょうか。

鈴木:いまはほぼ専業のアフィリエイターをしていますが、もともとは、とある大手Eコマースのサイトでメールマガジンやアクセス解析を担当していました。その関係で、アフィリエイトASPの担当者に会うことがあり、話を聞いているうちに、アフィリエイトはSEOやコンテンツマーケティングの集大成だと思うようになったんです。

 同時期に、アクセス解析やSEOを勉強しているし、さらにノウハウを得るためにアウトプットの場としてブログを始めました。そこで、どうせならアフィリエイトにもチャレンジしてみようと思い、ブログでアフィリエイトを始めることにしたのがきっかけです。

 アフィリエイトをするうえでの最初の目標は、半年で月5万円を得ることでした。結果としては達成し、次の1年で月20万円にチャレンジしました。これもなんとかクリアできました。しかし、もともとSEOやアクセス解析の勉強のために始めたこともあり、儲けることはあまり意識せず、ひたすらどうすれば検索上位に食い込めるか、アクセス解析の結果からどう改善していけばいいのか、といったことばかりに夢中になっていました。そのため月5万円から月20万円になるまでに1年かかりました。ただ、いまにして思えば試行錯誤を繰り返したことが下地作りになっていたと思います。

 そして月20万円を稼げるようになったことで、会社を辞めることを本格的に考え始めました。そこで次の目標として、辞めるまでに生活できるだけの金額をアフィリエイトで稼げるようにしようと考えました。私は独立志向が強く、いつかは会社を辞めようと思っていたので、よい区切りになったと思います。

 具体的な目標金額としては、残り半年で月60万円を掲げました。実際にどうなったかというと、月80万円ほどのアフィリエイト収益を得られるようになりました。

 その要因はいくつかありますが、きちんと目標金額と期間を決めること、そして「会社を辞める!」という背水の陣で挑んだことがいい結果に繋がったと思います。ただ、私のこの言葉を真似して会社を辞めるのはおすすめしません(笑)。会社に退職届を出す時点で目標にしていた月60万円を超えていなければ、会社を辞めてなかったかもしれません。

ブログ運営には誹謗中傷に耐えるスルー力が必要

――月5万円から月80万円まで収益を増やすとなると、いろいろな苦労があったかと思うのですが、特に苦労したことはどんなことでしたか?

鈴木:実は、苦労は特にありませんでした。それは文章を書くのが好きだからかもしれません。これからアフィリエイトを始めたい方で、文章を書くのが嫌いだとたいへんだと思います。私の妻にもアフィリエイトを勧めているのですが、妻は文章を書くのが本当に嫌いなので、アフィリエイトをやろうとはしていません。

 ただ、苦労とは違うかもしれませんが、ブログを運営しているといわれのない誹謗中傷を受けることがよくありました。それで心が折れて書けなくなる日もありました。ブログをやっていた方で「なぜブログをやめたのか」と聞かれたとき、誹謗中傷が嫌でやめた方もけっこういると思います。

 ですので、誹謗中傷を受けてもスルーできる「スルー力」が必要だと強く感じます。どう乗りきっていくかは人それぞれだと思いますが、誹謗中傷を行なう人は相手にしないのが一番です。しかし、誹謗中傷ではなく、実際には叱咤激励であったり有益な批判であったりする場合も多々あるので、それを見極めるチカラと無視できるチカラを身につけていくのがいいでしょうね。

 私自身はいまでも完璧なスルー力がないので、くだらないコメントを書かれてイライラしてしまうことはありますが、心が折れてしまうことはなくなりました。

これから売れるであろうジャンルを見つける

――そうした誹謗中傷も乗り越えて、アフィリエイトがうまくいき出したのはどういうきっかけや工夫があったからなのでしょうか。

鈴木:うまくいき出したのは、本書でインタビューにも応えていただいている染谷昌利さんの著書『ブログ飯』を読んだのがきっかけですね。それまでブログやアフィリエイトの本は真剣に読んだことがなかったので、非常に参考になりました。

『ブログ飯』の中で書かれている内容で参考になったのは、流行する前に情報を仕入れてサイトを作っておき、話題になったときに一気に収益が発生させるという方法です。これにチャレンジしたことが、最初の私のプチ成功体験です。いまではやや下火になってきましたが、Chromebookというパソコンがはやりだす前に、専用サイトを作っておいたんです。その後、流行し始め、それなりの成果が生まれ始めました。

 このサイトで自信がつき、ほかの方法でも収益がより発生するようになっていきました。いま最も収益が発生しているサイトも、扱っている商品が本格的にはやりだす前にサイトを作っておいたことで成功しました。

 情報に敏感になり、「これから売れる!」と思うジャンルを見つける工夫が大切だと思います。

好きで検索しているわけではない人のためになるコンテンツを

――小さな成功を経験して自信を深めていくのはどんなことでも大事ですよね。ですが、大きな成功に至るまでに壁もたくさんあったのではと思います。鈴木さんにとって最も大きな壁は何でしたか?

鈴木:いままで一番の壁は、自分本位の記事からいかに脱却するか、ということでした。検索でサイトに来てくれる人は、好きで検索をしているわけではないんですよね。悩みや調べたいことがあるから仕方なく検索をするんですが、この当然なことに気づくまでに時間がかかりました。

 アフィリエイトを始めて半年で月5万円を達成し、月20万円に到達するのに1年かかったとお話ししました。実は、10万円を超えたあとに伸び悩んだんですよ。それまでは、PVがあれば稼げると思っていたのですが、アフィリエイトで重要なのはPVではなく、検索で来てくれた人が求めている情報を分かりやすく伝えることだったんです。このことに気づけたため、伸び悩みを解決できました。

 アフィリエイトは自分が得意なジャンルで行なうのがいいのですが、その場合、自分が得意なだけに初心者の気持ちを理解できないことがあります。自分では検索で来てくれた人に対して悩みや疑問を解決するコンテンツ(記事)を作っていたつもりが、あとから読み直すとかなり自分本位な説明になっているかもしれません。

 自分本位な説明になっていないかチェックするには、自分のブログの対象読者である初心者が書いているブログを読むといいと思います。こんな視点があったんだ、こんな風に思っていたんだ、と、自分が考えるよりももっと別のことで初心者は悩んでいるんだなと気づけるのではないでしょうか。

無料のセミナーや勉強会でも積極的に参加すべき

――自分自身で課題に気づき解決するのはなかなか難しいことでもありますが、鈴木さんはどういうところからアフィリエイトに関する情報を手に入れていましたか?

鈴木:アフィリエイトに関する情報を収集するために最初に行なったことは、ASPが主催するセミナーや勉強会への参加です。ほとんど無料で参加できるので、いまでも参加しています。

 それと、実際に稼いでいるアフィリエイターの方の話を聞くことは非常に参考になります。今回、本書でインタビューに応じてくださったcardmicsさんもその1人です。ある縁でcardmicsさんに実際に会えることになって、いろいろな話を聞けたことが飛躍するきっかけになりました。

 また、たとえ会って話せなくても、有名なアフィリエイターがアフィリエイトのポイントを解説しているサイトやブログもたくさんあります。私が最初に参考にしたのは「アフィリエイト野郎」というサイトです。当時、隅から隅まで読みました。いまでもチェックしていますが、アフィリエイトのことを調べ始めたら絶対に辿り着くサイトです。

 現在はASPの担当者から情報をいただく機会が増えています。稼げるようになると、より稼げるようになるという好循環が生まれるものだなと思いました。それと、広告主とのコネクションもできてきたので、広告主からもいろいろな情報を得ています。

アフィリエイト収入が増えると、生活は確実に変わる

――本書は月5万円の収入を増やすことで生活を楽にすることがテーマに掲げられていますが、鈴木さんご自身はアフィリエイトで収入を得られるようになってどのように生活が変わりましたか?

鈴木:まず、本を書かせてもらえるチャンスが来るとは思っていませんでしたね(笑)。機会をいただけて飛びついたのは事実ですが、書くにあたって悩みもしました。私よりもすごいアフィリエイターを差し置いて、私なんかが書いてもいいのかなと。ですが、私はそうしたアフィリエイターとこれからアフィリエイトを始めようと考えている方の中間地点にいると思いますので、そういう意味では初心者の方の気持ちに沿えるのではないかと考え、今回執筆させていただくことを決めました。

 もちろん、生活パターンはまったく変わりました。いまはほぼ専業アフィリエイターなので、自宅で1日作業をしています。サラリーマン時代は普通に毎朝電車に乗って会社に行き、仕事が終わったら帰宅するという生活でした。

 どこかに旅行に行く場合も土日や祝日がメインでしたが、いまは平日に行くようになったので、宿泊費をかなり安くできるようになりました。私は趣味が温泉巡りなのですが、それにかける時間は増えたのに、費用は変わりません。これはとても嬉しい変化です。

 それと、妻と話す機会が増えたことですね。週4日は自宅で作業をしているので、妻と一緒に過ごす時間が増え、以前よりも仲良くなれたように思います。

 ただ、いいことばかりではなく、病気を悪化させてしまいました。もともと食べることが大好きなのですが、あまり運動をしなくなったことで糖尿病を患ってしまい、食事制限をすることになりました。下手をすると3日間ずっと自宅にいて作業をしていることもあったので、いまは健康に気を使ってできるだけ散歩をするようにしています。

アフィリエイトで中年世代と日本を元気にしたい

――最後に、鈴木さんの今後の目標を教えてください。

鈴木:アフィリエイトを通じて、社会をもっとよくしたいと思っています。と言うと綺麗事のように思われてしまうかもしれません。ですが、ずっと考えていることがあります。

 それは、私と同じ年代の中年がもっと元気になれば、日本はもっと楽しくなるはずだということです。

 いま、貧しくて進学できない、進学しても中退する中学生や高校生が増えていると聞きます。でも、30代後半から50代の、進学をするお子さんがいる方が副業で月に5万円から10万円を稼げるようになれば、進学できる子供の数はもっと増えると思うんです。

 ですから、金銭的な問題で子供を進学させられない親御さんに、副業としてのアフィリエイトで収入を増やしてもらい、子供を進学させられるようにしてあげたいと思っています。そういう意味で、私と同年代の中年のオッサンが元気になれば日本はもっと楽しくなると思うんですね。

 私としては、そういう親御さんとともに、もっと稼げるようにアフィリエイトを学んでいければと思っています。具体的には、2016年4月より実質無償(会議室を借りる費用は参加者で割り勘)でアフィリエイトの勉強会を行なうことにしました。月に1回行なうので、よければ参加してくださいね。詳細は私のブログで発表していきます(ブログ:鈴木です。

 また、アフィリエイトというと胡散臭いイメージを持っている方もいるので、もう少しアフィリエイトに対するイメージを改善できればと思っています。

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト

 Amazon  SEshop  その他

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト
著者:鈴木利典
発売日:2016年4月14日(水)
定価:1,598円(税込)

目次

  • Chapter1 アフィリエイトをはじめよう
  • Chapter2 サイトを開設しよう
  • Chapter3 もっと読んでもらうために
  • Chapter4 サイト運営で知っておくべき注意点とマナー
  • Chapter5 アクセス数を上げるために
  • Chapter6 もっと稼ぎたい人のために

 

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

    Twitter@tiktakbeam

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5