MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

まだまだ続く2016年の大イベントには両建て投資で臨むべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/05 08:00

 英国のEU離脱など大きな出来事が相次ぐ今年、投資家としてはどのような心構えで臨めばよいのか。今回はオプショナリティを活かした両建て投資について解説します。

どちらに動くかわからない、大イベントに対応するには

 今年は数年に一度の大イベント続きの年です。「どちらに動くかわからない!」という大イベントに際しては、相場が上がるか下がるかだけを予想してポジションをとる投資手法では手も足も出ないか、根拠の薄い“ギャンブル投資”になってしまいます。それでも思った方向に相場が動けば結果オーライですが、直近の英EU離脱前後の値動きに見るように、相場が両方向に大きく振れてロスカットの憂き目を見ることも少なくありません。

 そこで、オプショナリティを活かした両建て投資で、これからの大イベントをチャンスに変えてガッチリ収益機会に変えることを目指しましょう。

オプショナリティがある投資とは?

 オプショナリティがある投資とは、相場が上がった場合と下がった場合の損益が同額ではない投資のことを言います。

 たとえば、A社株を500円で購入した場合、50円上がって550円になれば50円のプラス、50円下がって450円になれば50円のマイナスなので、資産価格が逆方向に動いた場合の損得の絶対値は同じ(方向は逆)になります。この場合、オプショナリティはまったくありません。

 オプショナリティがある投資で、最もシンプルなのはオプションの買い持ち戦略です。A社株を500円で買う権利(コール)を10円で購入したら、オプションの満期まで保有した場合の最大損失は10円です。このときA社株が300円でも200円でも、場合によってはA社が破綻して株価が無価値になっても損失は10円だけです。逆に満期日にA社株が600円になっていれば500円との差額100円から購入コスト10円を引いた90円が利益になります。利益と損失が非対称的なので、相場が大きく動けば普通に株式を保有していた場合に比べて、利益が大きくなるか損失を小さく抑えることができる点が有利になり、それをオプショナリティがあるというわけです。

 また、相場が上がると利益が期待できるコールと、相場が下がると利益が期待できるプットを組み合わせて、どちらでもいいから相場が大きく動けば儲かる両建てポジションにしても、オプショナリティがある投資になります。

 図1はオプショナリティの有無のイメージです。普通の投資でリターンを得るには、相場がどちらかに動くか正しく予想することが必須です。現物株や信用取引での買いポジションは株価が上昇することを前提としていますし、株価指数先物をショートすれば相場が下がらなければ儲かりません。

図1:オプショナリティの有無
図1:オプショナリティの有無

 一方、オプショナリティがある投資では相場がどちらかに大きく動けばメリットを享受できます。eワラントの買いや上場オプションの買いでは、予想した方向と同じなら利益が期待できますし、逆なら同程度のリスクを現物株でとっていた場合に比較して損失を抑えることができます。このメリットは相場が大きく動けば動くほど大きくなります。「損が小さいなんてメリットじゃない!」と思うなら、コールとプットを両建てにすれば、相場が動かなければ損失が出るものの、大きく動けば利益が期待できる両建てポジションが簡単に構築できます。

 なお、同じオプション戦略でも、上場オプションなどを用いたオプションの売り(ショート)ポジションはオプショナリティが逆方向に作用します。このため、大イベント前のポジションとしては極めてマズいポジションになってしまうので注意が必要です。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5