MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

インバウンド需要の恩恵も曲がり角に?
松屋銀座店と三越銀座店の売上推移をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 訪日客の爆買いがひと段落する中、これまでインバウンドの恩恵を受けてきた銀座の百貨店の推移を見てみよう。

インバウンド需要が急減速、銀座百貨店の泣き笑い

 “爆買い”に象徴されるインバウンド需要の恩恵を最も享受してきた東京・銀座地区だが、曲がり角にきたようだ。銀座を代表する松屋銀座店と三越銀座店の推移を見てみよう。

 百貨店業界にかぎっていえば、15年度の都内全体の売上高は前年度比3.2%増だったが、銀座地区はそれを大きく上回る13.8%のアップだった。中国人など訪日外国人による免税売上高が、大きく伸びたことが要因であることはいうまでもない。

 ただし、今年度に入りインバウンド需要が急減速。とくに高級品の販売にブレーキがかかっているようだ。松屋(8237)の銀座店と三越伊勢丹ホールディングス(3099)が運営する三越銀座店の売上高は、前年に比べて10%近いダウンでの推移だ。銀座の中でも、松屋と三越の近隣にはカルティエやシャネル、ブルガリといった世界の高級ブランド店も軒を並べている。あらためて、隣接する両百貨店の主な指標を確認してみよう。

松屋銀座店の推移

 松屋が発表している年間のレジ客総数からすると、銀座店は毎日、3万1000人以上の買物客を集めていることになる。ただし、12年2月期から16年2月期までの5期で目立った変動はなく、ほぼ横バイでの推移だ。

 一方、客平均単価は、12年2月期の5198円が、16年2月期には7162円と2000円に迫る上昇である。率にすると約38%のアップ。結果的に1日平均の売上高も1億4600万円から年々上昇し、16年2月期は2億円を突破した。爆買い効果であることは明白である。

 ちなみに、集客のために改装を実施したことで、年々減額していく店舗資産価値も、250億円前後を維持。運営を担う店舗従業員は減員である。松屋銀座店の場合、一部土地は賃借で、年間賃料は3億円だ。

三越銀座店の推移

 三越銀座店は、三越日本橋本店の1232億円には及ばないものの、店舗資産価値が1000億円を超す豪華な店構えの百貨店だ。事務所を含めても約800億円の伊勢丹新宿本店の資産価値を上回る。パートなども含めて従業員としている松屋銀座店と異なり、三越銀座店は従業員とパートを分けて開示しているが、合計すれば松屋銀座店を上回る店舗運営スタッフである。

 店舗資産価値や店舗運営スタッフは、松屋銀座店を上回る三越銀座店だが、その割には、1日平均の売上高に差がないという見方も成り立つ。もちろん、三越銀座店も増床効果やインバウンド需要を取り込んだことで、年々売上高を伸ばしてきたのも事実。伊勢丹新宿本店や三越日本橋本店とともにグループの旗艦3店という位置づけであり、同店の目標は「最旬グローバル百貨店」の実現である。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5