MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

紙容器入りのコーヒーを運ぶグッズが続々
専用のミニトートや業務用、自転車用ホルダーなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/30 14:00

 バッグなどを持ちながら紙容器入りのコーヒーを手に出勤するのは、意外と大変なもの。そこで、最近は専用の運ぶグッズに注目が集まっている。

 オフィスで仕事の前にまずは1杯をと、コンビニエンスストアなどで買い求めた紙容器入りのコーヒーを持ち職場へ急ぐ。最近は、ごくごく当たり前の光景となった。しかし、この持ち運ぶ行為、素手や店舗で用意されたテイクアウト用グッズ類を使ってとなると、結構気を使うことも多い。そこで、安心&安全に紙容器入り飲料を運ぶ商品が、続々と登場している。

 まさにジャストサイズだ。その名は「ROOCUP(ルーカップ)」。今年2月、スーパープランニング(本社:静岡県浜松市)が展開するトートバッグ・ブランド「ROOTOTE(ルートート)」が発売したカップホルダー型のトートバッグだ。SからLサイズまで、紙やプラスチック製の容器入りの飲料をすっぽりと収めることができ、サイドにはミルクや砂糖を入れるポケット付き。また簡易ながら保温・保冷機能も備わっているので、デスクまで温かさや冷たさもキープしてくれる。さらにフラットに折りたためるので、仕事用バッグに忍ばせておいてもかさばる心配もない。朝の“運ぶ”作業に、かなり重宝しそうな同商品、価格は1,080円(税込)。カラーはブラックなど、全6色。

カフェドリンクの持ち運びに便利な「ROOCUP」(ルーカップ)
カフェドリンクの持ち運びに便利な「ROOCUP」(ルーカップ)

 続いては、業務用にシンプルさと安定感を追求した商品「キャリーカップ」を紹介しよう。店舗が使うカップ飲料を持ち運ぶための専用のポリ袋だが、従来のように袋の底面に紙製のカップホルダーを入れる必要がない。半透明のポリ袋だけで入れたカップをしっかり固定できるのは、「アジャストシール」という、袋に容器を入れると容器の形状や大きさに対応してはがれる特許取得の独自の溶着技術のおかげだ。このシールによって、袋に入れた容器は固定され、抜群の安定感が生まれる。種類は1個用と2個用の2タイプ。一般の利用でも購入可能で、価格は1個用が100枚入りで972円(税込)。ミヤゲン(福井県敦賀市)考案のこの便利な袋、使い捨てではあるが、ひとつあれば運ぶ苦労もかなり軽減されそうだ。

 自転車で通勤する人から支持されているのが、愛車に装着するアイテム「moca Cup Holder 01(1,000円・税別)」と「moca Cup Holder 02(1,200円・税別)」。どちらもプラスチック素材の1枚板がベースの組み立て式カップホルダーで、01はMサイズ、02はLサイズ容器に対応する。ホワイト、グレー、イエロー、ブルー、バーガンディの5つの色が選べるうえ、形がシンプルなので自転車に取り付けてもスッキリと洒落ている。組み立ても取りつけも簡単。美的で実用的な商品となっている。企画したのはモート商品デザイン(大阪府大阪市)。

 移動中も安全に持ち運べて、見た目もスマートなこれらの商品、飲み物の味もさらにいっそうおいしく感じられそうだ。

【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

株式

もっと見る

FX

もっと見る

経済・社会

もっと見る

マンガ

もっと見る

国際ニュース

もっと見る


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5