MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

【エンタメ潮流コラム】
2007年の市場回顧、そして日本のゲーム業界の将来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日はゲーム業界の将来について考えてみたい。DS向けソフトは従来の据置型向けソフトよりも安価であり、原価が高いことから利益率も低く、その割合が増加すれば、産業全体の利益率は悪化するとみられるのだ。

DSとWiiが普及する中で「ゲーム離れ」が継続?

 2007年のゲーム市場は任天堂のWiiとDSの「ゲーム人口拡大戦略」が功を奏した結果、世界各地域で過去最高を更新したとみられる。米国や英国では過去最高を更新した。日本でも、ハードとソフトを合計したゲーム市場は2006年を上回ったもようだ。

 ただし、ソフト市場は前年比では微減となったとみられる。こうした状況は、日本のゲーム産業の今後の見通しについて楽観的にはなりづらいもの考えられる。すなわち、ゲーム産業においては、ハードウェアの利益率はメーカー、流通ともに低く、ソフトウェアの高い収益性が各関係者にとって利益の源泉だからだ。

 さらに、DS向けソフトは従来の据置型向けソフトよりも安価であり、原価が高いことから利益率も低く、その割合が増加すれば、産業全体の利益率は悪化するとみられるのだ。

Wii&DS

 日本での販売本数上位のタイトルは「Wiiスポーツ」や「マリオパーティ」シリーズ等の任天堂のライトユーザー向けタイトルが上位にランクインしている。すなわち、ライトユーザー向け市場は拡大したが、ソフト市場は横ばいであることを考慮すれば、ヘビーユーザー向けソフト市場は縮小したと推測される。

 ヘビーユーザー向けが得意なサードパーティ(DSやPS3など他社のハードに対応するソフトを作っているメーカー)にとっては、「ゲーム離れ」は継続した結果ともいえよう。

 一方で、拡大した欧米市場においては、任天堂のソフト以外は欧米の現地メーカーのタイトルが目立つ結果となっている。日本のサードパーティでは、コナミの欧州での「Pro Evolution Soccer(ウイニングイレブン)」シリーズ以外は目立ったタイトルはなかったもようだ。すなわち、市場が拡大する欧米においてもサードパーティは市場拡大のメリットを享受しきれていないようにみられる。

日本と米国の差

 日本において、ヘビーユーザー向けソフトが苦戦しているのは、PS3がPS2を後継するプラットフォームとして確立されていないことがその一因と言えるだろう。

 PS2のヘビーユーザー向けタイトルの受け皿として、PS3が十分に機能していないと考えられる。この理由として、WiiとDSが普及していることが一つの原因とする考え方もあるが、米国の状況をみると、その考え方は当てはまらないだろう。

 米国では、PS2のヘビーユーザー向けタイトルの受け皿として、PS3の立ち上がりは遅れているがXbox360が確固たるポジションを築きつつある。そのため、従来のゲームユーザーはXbox360向けソフトを軸に購入し続けていると推測される。(次ページへ進む)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5