MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

【先物】日経平均と日経225先物の価格にギャップが生じる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Heyward[著]
2007/12/10 08:00

 第2回となる今回は、日経225先物取引の基本的な説明をしたいと思います。それほど難しくありませんが、より理解を深めるために、「日経平均」と「日経225先物」を比較しながら見ていきましょう(第1回はこちら)。

「日経平均」と「日経225先物」

 「日経225先物」の説明をする前に「日経平均」の復習から入りましょう。

 概念的な話なので、これを知ったからと言って相場で勝てるようになるわけではありませんが、知らないまま先物取引を続けると、負ける確率・負ける額が大きくなる危険性があります。

 更に言えば、「日経平均」と「日経225先物」の違いを知らなければ、いつまでたっても、現物株と先物指数間にあるギャップ・歪みに気が付くことが出来ません。

 日経225先物取引とは、現物株式市場との歪みを取りにいく作業です。 先物価格が上がった下がったで一喜一憂する初心者レベルから脱却するためにも、日経平均という最も基本的なところから見ていきましょう。

 基本的な話で、面白みはないと思いますが、我慢して読んでいただければ幸いです。

日経平均とは、日本を代表する「225銘柄の修正平均値」のこと

 よく新聞やニュースで目にする、「本日の日経平均は…」と言うのは、東京証券取引所第一部銘柄(企業)約1,700社の中から、日本を代表する225社が選別され、その「225社の株価を修正平均した数値」のことで、これを「日経平均」と言います。

 勘違いされている方が意外に多いのですが、「日経平均」は225銘柄の株価を単純に足して225で割った数字ではありません。ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で算出された「修正平均値」です。

 修正値ではありますが、日経平均は「形のある株」225種類(銘柄)から算出されたものであり、故に「実体のある指標」とみることができます。

 対して、「日経225先物」とは、その日経平均株価を対象とした「指数の取引」のことです。先物とは文字通り「先(将来)の日経平均株価を予想し売買するモノ(商品)」です。

 将来の日経平均が上がるか下がるかを予想し、日経225先物と言う指数を大阪証券取引所で売買することが、日経225先物取引(売買)なのです。

 つまり、日経225先物は、「実体のない指数」とみることができます。現実は、「日経平均」と「日経225先物」の価格はほぼ連動するので、違いが意識されることは少ないのですが…。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5