MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

【詐欺】「勝手に振り込まれた3万円」 その後かかってきた1本の電話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/25 09:00

 オレオレ詐欺やヤミ金など被害者にお金を振り込ませる振込み詐欺が社会問題になっているが、今新たな詐欺被害が増えている。それが「知らぬ間に自分の口座にお金が振り込まれる」という詐欺だ。今回はこの奇妙な詐欺について見ていきたいと思う。( バックナンバーはこちらから )

お金を貰った詐欺被害者

 「口座にお金が振り込まれました!」
 詐欺の被害者がこう口にした。何とも奇妙な詐欺の法律相談を受けたのだが、相談の概要は以下の通りだ。

 佐藤さん(仮名)は、自分の預金通帳の記帳を行ったところ、自分の知らない振込名で3万円の振り込みがなされていることに気づいた。色々と確認してみたが、誰が振り込んだかはわからず仕舞い。そこでそのまま放置しておくことにした。実は、しばらく経っても誰の振込か分からなければ、臨時収入にしようと内心ほくそ笑んでいたのである。

 ところが、振込まれてから1週間ほど経ったときに、佐藤さんの携帯電話に突然一本の電話がかかってきた。電話に出ると男性の声で 「○○ファイナンスの高橋(仮名)です。佐藤さんの携帯電話ですね。お約束の利息3万円が振り込まれていないのですが、きちんとお支払い頂けますか」 と一方的に要求された。

 何のことかまったくわからない佐藤さんは 「お金を借りた覚えはないのですが、何かの間違いではないでしょうか」 と答えた。

 すると、それまで丁寧な口調で話していた男が声を荒げて 「何を言っているんだ! 佐藤さん、すっとぼけるつもりなのかい? 一週間前に6万円借りたいというから、利息を引いた残額の3万円を振り込んだだろう」 と怒鳴った。

 あの3万円か・・・、佐藤さんは正体不明の振込のことを思い出すと同時に、背筋に冷たい汗が流れたのを感じた。

身に覚えのない借金

 佐藤さんはドキドキしながら 「確かに一週間ほど前に誰か分からない人から3万円の振り込みがありましたが、これは借り入れしたお金ではありません。私はあなたからお金を借りたことなどありませんよ」と高橋に告げた。

 すると、男は大声で捲し立てた。
「オイオイ!すっとぼけるのもいい加減にしろよ。頼まれもしないのに金を振り込む奴がいるかい。あんたが貸してくれと頼むから仕方なしに貸したんじゃないか。とにかく明日までに金利の3万円を振り込めよ」。

 佐藤さんが、振り込めと言われても振込口座を知らないと悲痛な声で訴えると、男は口座番号を告げ、「いいか、ちゃんと振り込むんだぞ!」と念を押して電話を切った。佐藤さんのシャツは汗でびっしょりと濡れ背中に張り付いていた。

 実際、佐藤さんは○○ファイナンスからお金を借りた覚えなどない。しかし高橋が言うように、頼まれもしないのにお金を振り込む人などいないだろう。

「誰か別人が自分を名乗って借りたのか? としても、自分の口座番号や携帯電話番号をどこで知ったのだろう。自分の友人が伝えたのだろうか」。いろいろと思案したが謎は一向に解決しなかった。

 翌日、3万円を振り込むべきか佐藤さんは悩んでいた。悩んだ挙げ句、すでに振り込まれている3万円は返却しなければならないと思い、3万円を金利としてではなく返却する意図で振込を行った。

恐怖の借金取立て

 しかし、3万円の振り込みから1週間が経過したときに、また佐藤さんの携帯電話が鳴った。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5