MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

原油高騰が止まらない理由
原因は投機マネーの流入だけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/24 09:00

 なぜ原油価格の高騰は止まらないのだろうか。投機資金が商品市場に流入しているとも言われているが、どうやら理由はそれだけではないようだ。(バックナンバーはこちら)

原油価格の高騰が止まらない理由

 原油価格の上昇が止まらない。一部では投機資金が株式や債券を見限って、今度は商品市場に大量に流入したためとする説を根強いが、ことはどうもそんな簡単なものでもなさそうである。

 市場には投機がつきものであり、だからこそ上下に大きく振れることも多いのだが、根拠のない投機ならどこかで必ず落ち着き、収まるべきところに収まるもの。高騰を続けている原油も一時的にはかなりの調整場面を見せるかも知れないが、問題は収まるところがどこなのか、そこが問題なのである。

なぜ原油は高騰を続けるのか

 大胆に分析すればいまの原油価格の三分の一が投機、三分の一が需要増、三分の一が供給側の問題によるものと仮定できなくもない。従って三分の一が投機だとすると投機が収まっても、まだ三分の二の問題は残ることになる。

 まず需要だが地球全体の人口はまだまだ増え続ける。1970年の35億人はいまや65億人、そして30年後には90億人となる。仮にそのなかの2割でもいまの日本並みの生活水準になると想定すれば石油や食糧はいくらあっても足りなくなるだろう。

原油をはじめ供給サイドの課題は未解決

 いまの中国は一人当たり年間2バレルを消費しているそうだが、所得水準が三倍になるだけでも6バレルになる。それに中国の人口を掛けると天文学的な消費量となることは誰にでも判るだろう。厄介な国が力をつけてきたものである。

 もともと国の言うことなど信じるはずもない人たちが、野放図に生活を楽しみだしたら、今度は食糧すら危なくなってくる。いまですら富裕層は農薬を警戒して生鮮野菜は日本のものしか食べないそうだから、カネにものを言わせて日本の野菜や果物も急騰するのではないか。

 需要がかくも増大するなかで、原油をはじめ供給サイドの課題は未解決のままである。
 サウジなど大産油国も、これからは新規油田は掘らない。砂漠の中に保存しておくという方針のようだし、メキシコも増産の余地少なく、ブラジルの新しい油田も実際に石油が出るまではまだ時間がかかる。

 こう考えてくると一部で囁かれている1バーレル200ドル説どころか、もっと上がりそうだと考える人が出てくるのは自然だろう。無為無策の日本はすでにマグロで中国に買い負け、アワビも買い負け、そのうち原油も買い負けという日がくる可能性も高い。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 三原 淳雄(ミハラ アツオ)

    激動する内外経済の今後を展望し、対応を説く経済評論家。1937年満州国チチハル(現・中国)生まれ。九州大学卒業後、日興證券に入社。企業派遣によるノースウェスタン大学経営大学院留学、スイス銀行チューリッヒ支店勤務などを経て、ロスアンジェルス支店長。1980年から評論活動に入る。近著に『金持ちいじめは国を滅ぼす』(講談社)など。TV東京「News モーニングサテライト」 隔週月曜日(AM5:45~6:45放送)のゲストとして出演中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5