MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

【FX体験記】個人投資家の生の声 私はこの方法で稼いでます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/21 09:00

第7回で、テクニカルとファンダメンタルの徹底比較をしました。今回は、成功している個人投資家さんにインタビューし、「この方法でもうけています」という生の声をお届けします。自分流の投資スタイル確立のヒントにしてください。【バックナンバーはこちら】

個人投資家が語る「だから私は○○派」

 今回は、私が出会った個人投資家さんに聞いた、「なぜその投資方法を選び、実行しているのか」について書いていきます。きっと、「自分にあった投資スタイル」を探すヒントになると思います。やっぱり、経験者にお話を聞くのがいちばんです。でも、日本では、投資について堂々と、かつオープンに語れる場が非常に少ないと思います。投資について話したくても、「守銭奴とかお金の亡者」扱いされそうで怖くて、黙って、孤独に投資しているという人が多いでしょう。

 私の場合、セミナーや個人投資家同士の交流会を開催してるので、比較的、個人投資家さんたちと知りあう機会がとても多いのですが、話をお聞きすると、男性・女性問わず、孤独に投資してる方が大半でした。だからこそ、交流会で盛り上がって何時間も話が尽きなかったりするんですよね。

 個人投資家さんによって、投資方法はさまざま、本当に千差万別です。デイトレーダーだったり、超長期投資の運用派だったり、スイングトレーダーだったり。自然と分かれるのが、短期派か長期派かになります。まずは、短期派から見た投資的考え方についてみていきましょう。私が実際に、個人投資家さんから聞いた内容をまとめてみました。

「短期派の投資的考え方」~ある投資家Nさんの場合

 FXでは、デイトレとか短期トレードは難しくないと思う。むしろ長期の方が難しいと感じる。たとえば、株は企業の成長を見ればなんとかなる感じだが、FXの長期投資は2つの国の経済成長の"差"を当てなければならない。つまり、金利差が今後どうなっていくか、予想することになる。1つの予想が当たっても、2つ目の予想が当たらないと利益が出ないゲームのようなもの。2つの"差"を長期で予想するのはやはり難しいと思う。

 しかも、最初の見極めの主軸が狂うと、「残念ながら結果的にダメだった」と判断するまでに時間がかかってしまう。損はしないかもしれないが、投資機会、つまり投資ができる限られた時間を無駄にしてしまったと感じる。だから、自分は短期でトレードしている。その方が結果がすぐ出て、楽だと感じるから。もし、投資をする気持ちにならなかったら、「休むも投資」と気分転換して、また新たな気持ちで投資に挑める。

「長期派の投資家さんの考え方」~ある投資家Tさんの場合

 ロングポジションを持ってるだけで、毎日、お金が貰えるスワップは魅力的だ。さらに、リスク管理を徹底すれば、レバレッジをかけてさらにスワップを増やすことができる。貯めたスワップで通貨を買い増ししていけば、複利効果でもさらに増やせるので、ダブルでお得だ。毎日、投資に避ける時間がそれほど確保できないので、ある程度放っておけば資金が増えていくのは、この低金利の時代において嬉しい限りだ。

 私の場合、本業が大切なので、本業に集中できる程度に低レバレッジで安心して運用できる長期派に徹していきたい。金利差は、一定ではなく変動していくが、日本が世界で一番の低金利である限り、スワップで長期的に運用して行くつもりだ。


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 岩崎 かおる(イワサキ カオル)

    ファイナンシャルプランナー。ベンチャーIT企業をリストラされた元OL。今の時代、こつこつ貯金だけでは、お金を殖やせないと思い立ち投資の世界へ、お金に関する知識ゼロから出発。米株・韓国株・投資信託・FXと広く分散投資中。投資歴わずか1年で資産2倍を達成した。投資スタイルは「中・長期投資」のファンダメンタル重視派。2007年11月に「がっちり儲けるFX」にて寄稿している。
    またこれからの日本人には、お金に関する知識が必要だと考え、ファイナンシャルインテリジェンスを日本中に広めるため、セミナーも開催している。「岩崎かおるのふえふえ投資日記」は毎日更新している。2008年7月に株式会社スカイミントを設立。まったく新しいアフィリエイトサービス「ペタペタ」を運営中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5