MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

「58人に1人がミリオネア」
富豪大国UAEの衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/16 09:00

 原油高を背景として、近年注目を集めている中東湾岸諸国。中でも、ドバイには高級リゾートに魅せられた人々が集まり、ヨーロッパやロシア、近隣の湾岸諸国の人々がバカンスに訪れます。

世界有数の観光都市に変貌したドバイ

 非日常的な空間が広がり、穏やかな時間が流れる砂漠のオアシス。ドバイはUAE(アラブ首長国連邦)を構成する7首長国の1つで、アラビア湾に面し、古来より貿易中継地として繁栄したという歴史があります。今では世界各国をつなぐ物流拠点として大きな役割を持つようになりました。大規模なリゾート開発を行い、世界有数の観光都市に変貌したのは、今からまだ10数年前の出来事です。

 ドバイの超巨大プロジェクトは世界的に有名で、サッカー選手のデビット・ベッカムやオリバー・カーンが邸宅を購入した「ザ・パーム」はご存知の方も多いのではないでしょうか。このヤシの木の形をした人工島は月から見えるほど大きく、マンションやホテル、ショッピング・モール、スパなどが集まっています。海に浮かんだ世界地図、300の人工島で構成された「ザ・ワールド」は、考えるだけならまだしも、それを実際に作ってしまうところが何ともドバイらしいです。

 ドバイを知れば知るほど、この都市があらゆるものに対して「世界一」を目指していることが分かるでしょう。現在建設中の「ブルジュ・ドバイ」は東京タワーの2倍以上、完成時の数字は公表されていませんが、700メートルを超えると言われています。台北にある世界最高層のオフィスビル「TAIPEI 101」の508メートルをはるかに上回るビルになり、世界一の高さの建造物となります。開発を手掛ける不動産開発会社のエマール・プロパティは、2008年9月1日にブルジュ・ドバイが688メートルに達したと発表しました。160階以上で、下層部にはアルマーニ・ホテルが入ります。

 また、最近では、「ザ・ワールド」や「ザ・パーム」を開発した不動産開発会社ナキールが、ブルジュ・ドバイを上回る高さ1キロメートルを超えるタワーを建設する計画を公表しました。エマールとナキールは、「陸のエマール」「海のナキール」と呼ばれ、ドバイを代表する不動産開発会社です。

建設中の「ブルジュ・ドバイ」
ブルジュ・ドバイ

 アラビア語でアラブの塔を意味する「バージュ・アル・アラブ」は、ドバイを代表する7つ星ホテルです。帆の形をイメージした概観が印象的で、ホテルとしては世界最高の321メートルの高さを誇ります。World Awards 2007を受賞し、部屋は全室メゾネットタイプのスイートルームでゴージャスな雰囲気を味わえます。ジュメイラ・ビーチから200メートルほど離れ、まるで海の中から建物が現れたかのように見えます。

 世界最大のテーマパーク「ドバイランド」は約279平方キロメートル、東京ディズニーランドの500倍以上の大きさです。世界初の海中ホテル「ハイドロポリス」、世界最大・最長規模の室内型スキー場「スキー・ドバイ」や、世界最大の人口港「ジュベル・アリ港」など、観光・リゾート建設への投資が盛んに行われており、観光開発はドバイの発展にとってきわめて重要なものとなっています。

80%は国外からの居住者

 ドバイはアラビア半島にあるUAEの北東部に位置し、人口約140万人ですが、驚くことにその80%は国外からの居住者です。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 内藤 美穂(ナイトウ ミホ)

    1984年生まれ。株式会社ガジェットウェア代表取締役兼CEO。大学在学中にガジェットウェアを設立。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」キャリアクリエイト部門10位受賞。外資系投資銀行やベンチャーキャピタルとのパイプを持つ。学生時代より投資家としてTV、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。18歳の頃にeワラント取引を始めたのをきっかけに、日本株、中国株、FXなどを取引する。現在、投資関連事業の一環として「ドバイ株ドットコム」でドバイ株口座開設サービスを提供している。
    Miho Naito CEO blog」でブログを更新中。

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5