MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【財務諸表が読める・わかる】
円高だとワイン販売業者は得をする

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/11/13 12:00

 このコーナーでは、財務諸表をとことんわかりやすく、そしてきちんと説明していきたいと思います。企業の損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書を読むことができれば、株式投資やビジネスで必ずあなたの役に立つことでしょう。(バックナンバーはこちら)

ワイン販売業の財務諸表を見てみよう

 今回見ていくのは、エノテカ株式会社(証券コード:3049)の平成20年3月期(平成19年4月1日~平成20年3月31日)の財務諸表です。

 この会社は、海外からワインを輸入して、それを国内で販売しています。直営店舗での販売や通信販売も行っているので、ここでワインを購入された方もいらっしゃるかもしれません。ちなみに筆者はワインをほとんど飲まないので、利用したことはありません(せいぜいたまにスーパーで一番安いワインを買って飲む程度です)。

 前回見て頂いたのは回転寿司チェーンの財務諸表ですが、今回はワイン販売業の財務諸表です。販売するものが寿司からワインに変わると、財務諸表の方はどう変わるのでしょうか? 今回はこの点を意識しながら財務諸表を見てください。販売する商品やサービスが異なれば、取引の方法や必要な設備などが異なり、財務諸表にも違いが表れてきます。

損益計算書を見る

 まず当期純利益584,459千円をどのようにして得たのか、売上高から順に見ていきます。

 売上高11,082,199千円に対して売上原価が6,744,055千円で、売上総利益は、

11,082,199千円【売上高】-6,744,055千円【売上原価】=4,338,144千円【売上総利益】

となります。6,744,055千円のワインを11,082,199千円で販売しているのですが、前回の回転寿司チェーンと比べると、原価に対して価格は抑えられているようです。これはおそらく寿司よりも販売するのに手間がかからないからかもしれません。

 前回の回転寿司チェーンでは、売上原価とほぼ同額の販売費及び一般管理費が発生していましたが、この会社では、売上原価6,744,055千円に対して販売費及び一般管理費は3,467,292千円で、営業利益は、

4,338,144千円【売上総利益】-3,467,292千円【販売費及び一般管理費】=870,851千円【営業利益】

となります。やはり、寿司よりも販売するのに手間がかからないため、価格を抑えることができているようです。販売費及び一般管理費の内訳が記載されていませんが、給与手当787,954千円、地代家賃546,425千円(店舗のフロアーは賃借)、運賃224,927千円(ワインを運ぶのは大変そうです)が主なものです。

 営業外収益と営業外費用を見ると、営業外収益がかなり大きく、経常利益は、

870,851千円【営業利益】+250,317千円【営業外収益】-86,183千円【営業外費用】=1,034,986千円【経常利益】

と、営業利益よりもぐっと大きくなりました。その原因は何かと言うと、営業外収益の中の為替差益180,707千円です。

 ここでは営業外収益として為替差益が発生していますが、営業外費用として為替差損が発生することもあります。この会社は海外からワインを輸入しているため、為替相場の変動(円高や円安)があると、為替差益や為替差損が発生するのです。

 円高や円安が会社の業績に及ぼす影響について耳にしたことがあるかと思います。円高や円安が進むと、輸入品が安くなる、高くなるといったことなどもありますが、まずこの為替差益や為替差損が発生して、利益の額を大きくしたり、小さくしたりするのです。為替差益や為替差損が発生する仕組みについては、この後、貸借対照表のところで説明します。

 そして、特別利益が20,000千円、特別損失が30,118千円発生して、税引前当期純利益は、

1,034,986千円【経常利益】+20,000千円【特別利益】-30,118千円【特別損失】=1,024,868千円【税引前当期純利益】

となり、さらにこれから税金を引くと、当期純利益584,459千円となります。

 なお、特別利益の中に投資有価証券売却益とあります。市場で売却するために持っている他の会社の株式などは、流動資産に(早く動かすので)有価証券と記載され、それを売却した場合の損益は、お金の運用を通じて発生したものなので、営業外費用か営業外収益になります。

 これに対して、市場で売却したりせず、長期間持っている他の会社の株式などは、固定資産に(遅く動かすので)投資有価証券と記載され、それを売却した場合の損益は、特別な事情によるものなので、このように特別損失か特別利益になるのです。

 どんどん見ていきましょう。次は貸借対照表です。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5