MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

不況でも富裕層は密かに増加中
お金持ちに「なれる人」「なれない人」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金融危機による不況でも増加する富裕層。ブラックカードでプライベートジェットを購入するような富裕層にどうしたらなれるのだろうか。(バックナンバーはこちら)

「ホップステップアップ方式」でる方法

「ブラックカードでプライベートジェットを購入」
「億ションを一部屋ではなく、一棟丸ごと購入」
「まったく働かなくても死ぬまで金には困らない」

 こうした富裕層は日本にも少なからず存在する。90年代に長く続いたデフレ不況で日本の経済力は低下したが、それでもアジアの中では日本の富裕層の資産がいまだトップで中国をも凌駕する。

「お金持ちになるのは私には無理」 と思うのは早計というもので、富裕層になった人物たちに聞くと、一般ビジネスマンや主婦の方にも富裕層になれる可能性が十分あるという。今回は富豪たちに聞いた、3段階「ホップステップアップ方式」で富豪になる方法を紹介しておこう。

 すぐには富裕層に仲間入りできないので、3段階に分けて考えていきたい。まず、第1段階は「資金を貯める」ことから始める。起業するにしても、投資するにしても元手がなければ何もできない。まずは死にものぐるいで500万円貯めることだ。

 500万円あれば、小さなビジネスなら開業できるし、不足資金を銀行から借りることもできる。よく「誰にでもできる1円起業」というふれ込みがあるが、資本金1円の会社とはだれもつき合ってくれない。

 金融機関にも信用がなければ、お金など貸してくれるはずがない。まず自分のすべてを賭けてビジネスを始めるという気合いとやる気を、資本金の額で示すわけだ。資本金500万円の株式会社なら、金融機関もある程度は信用してくれるだろう。

 また、会社員であれば、休日を利用してサイドビジネスを始めるなり、夕方退社してからアルバイトをして、極力節約して給与からも貯金して2年で500万円貯めてはどうだろうか。

レバレッジの効くビジネスに注目

 次は500万円の元手で、大きく儲ける方法だ。ここではある程度のリスクを取るのを覚悟する必要がある。でなければ、高いプレミアを持つブラックカードを所有する富裕層「センチュリオンホルダー」を目指すことはできない。

 つまり、投資で大きな勝負に出るか、大きく儲かる可能性のあるビジネスを始めるかなのだ。例えば、急激な不況に突入した現在は、逆に大きくゆりもどしが見込めるという意味でチャンスだ。いったん急激に収縮した景気は、何かのきっかけで、ものすごい勢いで回復することが期待できる。バネの収縮運動と一緒で、縮んだ力が大きいほど、伸びるときの回復力も大きいのだ。

 したがって、現在株価が落ち込んでいても、過去の業績がよくて特別の技術を持っている企業の株を購入すれば、レバレッジがかかる可能性は大きい。

 レバレッジの高さを基準に考えると、FX(外国為替証拠金取引)などもリターンが大きく見込める投資だ。元手の数倍から数十倍の取引ができて、一攫千金の可能性もある。

 また、すき間ビジネスを始めるのも1つの方法だ。ありそうでなかったすき間を埋めるビジネスは、大企業が入って来ることができない狭い市場だが、だからこそいったん入り込めば独占も不可能ではない世界なのだ。

 例えば、希少価値のあるものを扱うネット通販とか利益率の高い飲食店を始めるという方法もある。前者の例でいうと、珍しいブーメランを販売するネット通販を始めた女子大生が億万長者になっている。ブーメラン自体が珍しいものだが、その中でも希少価値を高いものを集めた結果、利益率も高くセンチュリオンホルダーの仲間入りができたのだ。

 また、単品で利益率の高い飲食店としてラーメン屋があげられる。いろいろな人気店で修行して、オリジナルの味を編み出せば、単価の10倍でも販売することは可能だ。現に、ラーメン屋で起業して億万長者になった人が何人も出ている。少し前にラーメンブームがあって、以前のようにラーメンは1杯500円という固定観念はまったくなくなった。

 どうだろうか。サッと思いつくだけもレバレッジの効くビジネスは結構あるものなのだ。

センチュリオンホルダーへの道は近くて遠く、また遠くて近い

 しかし大事なのは「ジャンプ」の段階だ。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5