MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

素人にも理解できるようにやさしく説明 「円高って何?」から始めるFX

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/10 09:00

 米ドル/円が過去最安値79.75円をつけたのは1995年。昨年から続く世界金融危機で為替相場はジェットコースターのように動いています。本連載では、これからFXを始めたいという方に向けて、為替やFXの基本を簡単に解説していきます。

為替の世界をのぞいてみよう

「ダウ平均6626.94ドル、ナスダック1293.85ポイント、1ドル=98.33円」

 朝のニュースを見ていると、為替のことを詳しく知らなくても、こんなフレーズを毎日何気なく聞いていると思います。リーマン・ブラザーズが破綻したことで世界の金融市場は混乱し、「株価は低迷、為替は円高」というのが現在の金融市場の状況です。2008年9月から急激な円高が進行し、同年12月には13年ぶりの水準となる1ドル80円台に突入しました。

 経済の話は難しそうな言葉がたくさん出てくるので、つい遠ざけてしまいがちですが、株も為替も遠い世界のことではありません。そもそも、為替とは何のことなのでしょうか。

 私たちは、日本国内に住んでいれば、円で物を買ったり売ったりして生活をします。しかし、国が変われば通貨も変わります。アメリカは米ドル、ドイツはユーロ、イギリスはポンドなど、世界中には色んな通貨があります。

 たとえば、海外旅行に出かけると旅行先では円が使えないため、円を現地の通貨に交換します。このように、円とドル、ドルとユーロなど、ある通貨と異なる通貨を交換することを外国為替と呼び、この交換比率を為替レートといいます。

 ニュースや新聞で「本日の東京外国為替市場は1ドル=100円…、」などと目にすることがありますが、「1ドル=100円」とは「1ドルを100円で交換する」ことを表しています。為替レートは刻一刻と変動しており、1ドル=90円の時もあれば、1ドル=120円になることもあります。

 それでは、為替レートはどこで決まるのでしょうか。為替市場は株式市場と違って、東京証券取引所のような取引所はありません。世界中で24時間取引が行われており、ある時間帯に取引の中心地となっている地域を指し、ニューヨーク外国為替市場、東京外国為替市場などと呼びます。例えば、東京外国為替市場は朝の9時から夕方の17時頃まで、ニューヨーク外国為替市場は夜の21時から翌朝の6時頃までです。その地域に住んでいる人の活動時間と考えると分かりやすいでしょう。

今さら聞けない、円高と円安の話

 円高とは、名前の通り、円の価値が高くなることで、円安は円の価値が安くなることです。どなたにもわかるように具体例を使って説明してみましょう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 内藤 美穂(ナイトウ ミホ)

    1984年生まれ。株式会社ガジェットウェア代表取締役兼CEO。大学在学中にガジェットウェアを設立。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2009」キャリアクリエイト部門10位受賞。外資系投資銀行やベンチャーキャピタルとのパイプを持つ。学生時代より投資家としてTV、新聞、雑誌など各メディアに取り上げられる。18歳の頃にeワラント取引を始めたのをきっかけに、日本株、中国株、FXなどを取引する。現在、投資関連事業の一環として「ドバイ株ドットコム」でドバイ株口座開設サービスを提供している。
    Miho Naito CEO blog」でブログを更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5