MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 19
「住宅ローン返せず、家が取られそうです」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/16 09:00

 はみ出し銀行マンの横田濱夫氏が、悩めるMoneyZine読者の投資相談に答えます。投資相談 Vol. 19は、不景気の中、転職後年収が下がり、住宅ローンの返済に苦しむ39歳の男性です。(バックナンバーはこちら)

今月の読者からの投資相談 Vol.19

 2年半前に4900万円でマンションを購入しました。うち4200万円は銀行ローンです。当時は大手電機メーカーに勤めていたため、かなり好条件で借りることができました。でもその後、転職した先の新興企業が業績不振に陥り、大幅給与ダウンとなってしまったのです。年収はマンション購入当初の税込み850万円から400万円弱へと激減しました。毎月の返済額は22万円、ボーナス月は48万円。パート勤務の家内の収入とあわせてもどうしても足りません。このまま家を銀行に取られてしまうのでしょうか。(39歳・男性 IT関連企業勤務)

はみ出し銀行マン・横田の答え

 なんかこう、いくつもの不運が重なっちゃったよねえ。不運の中身は、だいたい以下のように分かれると思う。

1. 価格的に2年半前という、ほぼ不動産ミニバブルのピークで買ってしまったこと。
2. 大きな安定した企業から、小さな会社へ転職してしまったこと。
3. ちょうどそこへ、まれにみる大不況が到来してしまったこと。

売ったところで返せない

 1については当時、銀行もそうとう売り込んだんだろうね。「買え、買え!」「借りろ、借りろー」って。通常、融資限度は購入価格の8掛けだ。この場合なら4900万円×80%=3920万円。なのにそれを上回る額を貸し付けたことからも、銀行の積極姿勢がうかがえる。その4900万円のマンションだけど、仮に今、売ったらどうなるか?

 すでに中古になっちゃったし、4000万円で売れれば御の字だろう。巷にこれだけ新築マンションが売れ残っている中、下手したら3500万円くらいにしかならないかもしれない。返済が始まってまだ2年半じゃ、借金の元本もたいして減ってないはずだ。売却代金を返済に回してもなお、借金が残ってしまう可能性もある。

キャリアアップは過去の言葉?

 2の転職については当時、「キャリアアップ」「ヘッドハンティング」なんて言葉が流行っていた。どうやらそれに引っかかっちゃったのか。目先の好条件や「やりがいのある仕事」には必ず裏がある。自由がきく分、社歴は浅く不安定。不況抵抗力は弱い。東証1部企業とヘラクレスやマザーズの企業を比べればわかるだろう。

 3の大不況到来については、先刻ご承知のとおりだ。とにかくもう、なっちまったもんはしょうがない。ここから先「じゃあなにができるか?」「どうしたら家を取られないで済むか」を考えてみよう。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5