MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

他社に先駆けた「減産」で今期も黒字
冴えるスズキ社長の「勘ピュータ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各社軒並み赤字転落の中、調子が良いのスズキ。他社に先駆けた「減産」が、スズキの黒字予想に結び付いていると断言しても過言ではない。(バックナンバーはこちら)

「異常事態」をいち早く察知したスズキ

 日立製作所7000億円、パナソニック3800億円、トヨタ自動車3500億円、東芝2800億円、日産自動車2650億円、ソニー1500億円……。3月期決算を間近に控え、各社は大幅な最終赤字予想に追い込まれている。自動車と電機は総崩れ状態といったところ。黒字組はホンダやスズキ、三菱電機などにとどまりそうだ。

 未曾有の世界的不況の影響はそれだけ深刻ということだが、特筆すべきはスズキ。他社に先駆けた「減産」が、スズキの黒字予想に結び付いていると断言しても過言ではないからだ。

 表を見てもらおう。各社の在庫(棚卸資産)推移を示したものである。この中で2008年6月期の在庫水準が、3か月前の08年3月期に比べてマイナスになっているのは、自動車4社の中ではスズキのみ。08年4-6月期、スズキは前年同期比で売上高を伸ばしている(1.7%増)という側面もあるが、3か月で在庫を424億円も減少させているのだ。2500億円前後の在庫を増やしたトヨタや日産とは対照的。同期間、パナソニックも1385億円、ソニーも1864億円増やしており、スズキの在庫減はそれだけ際立つ。

 各社が世界的不況による「異常事態」に気がついて慌てて減産を決めた頃には、すでに異常を察知していたスズキは、1年前の在庫水準に戻していたのである(07年6月期在庫3985億円)。

スズキの取締役の平均年収は、トヨタの4割以下

「勘ピュータが当たっただけよ」(朝日新聞連載「逆風満帆」より)
 会長職から会長・社長兼務に転じ、陣頭指揮の最前線に舞い戻ったスズキの鈴木修氏は言うが、動物的勘だろうが何だろうが、経営者に求められるのは結果。だからこそ、従業員の何倍、何十倍の収入が得られる。

 およそ50%のシェアを確保し、スズキ飛躍の源であるインド市場に参入を決めたのは1982年。鈴木修氏が社長に就任して4年後のことで、誰もがその頃、「BRICs」なる言葉が生まれるとは想像していない時代だった。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

この記事に登録されているタグ

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5