MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 21
「ペット貧乏で生活が苦しく困っています」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/05/15 09:00

 はみ出し銀行マンの横田濱夫氏が、悩めるMONEYzine(マネージン)読者の投資相談に答えます。投資相談 Vol. 21は、ペットをたくさん飼ったはもののエサ代などのコスト高に苦しむ29歳のOLの方です。(バックナンバーはこちら)

今月の読者からの投資相談 Vol.21

 ペット大好き人間の独身OLです。室内飼育可の賃貸マンションに住んでいます。現在の私の家族は、ワンちゃんがミニチュアダックスとチワワロングコート。ネコちゃんがマンチカン×2と、スコティッシュフォールドの、全部で5人です。どの子も可愛くて、私の生きがいですが、困っているのはお金です。エサ代だけでなく、予防接種の3種混合ワクチンなんか、1回打つのに1万3000円もかかるんですよ。とてもOLのお給料だけではやっていけません。このあいだも、やむなくレディースローンから借りてしまいました。それもこれも人間優先の身勝手な社会が悪いと思います。本来、人も動物も、平等に楽しく生きる権利があるはずです。社会保険も適用するようにすべきでしょう。横田さんはどう思われますか?(29歳・OL 事務機器メーカー勤務)

はみ出し銀行マン・横田の答え

 はじめにことわっておくが、今回の回答内容は、極論(暴論?)だよ。「けしからん!」「とんでもない!」と思われる方もいるだろう。しかしまあ、世の中いろいろな考えの人間がいる、ということで、そこらへん、どうかご了承を。

 まずご質問を読んで、すぐ思い浮かんだのが、河原のブルーシート族だ。うちの近くの多摩川にもたくさんいる。彼らは勝手に国有地を占有したあげく、こともあろうか犬猫まで飼っている。

 いったいどういう神経か、と思ってしまう。
 自分の住む家すらないのに、なぜペットを飼う余裕があるんだろうか? そんな餌代を払ってるから、河原の生活に追い込まれているんじゃないのか?

無節操な餌やりが招く悲劇

 おまけに1匹だけならともかく、5匹も10匹も、とくる。寄ってくる捨て猫、ノラ猫の類いに「可哀相だから」と無節操に餌をやり、際限なく増やしてしまう。

 不幸な動物を増やすことが優しさか? 違うだろ。それこそ人間の身勝手というもんであり、お互いの傷をペロペロなめ合うことで、悲劇を拡大してるだけだ。

ブルドーザーで強制排除

 マスコミもバカだよな。そうしたブルーシート族を批判するどころか、「人間としての心根の優しさがある」とかなんとか言っちゃって、ひたすら持ち上げる。感情論、同情論のオンパレードだ。

 やれ「可哀相だ」。やれ「不況を拡大させた政府の施策が悪い」など・・・。
 誰も言わないのできびしいことをあえて言わせてもらうが、そもそも彼らブルーシート族は、不法占拠の犯罪者だろう。だったらきちんと法律にのっとって、まずは強制排除すべき問題じゃないのか?

 それを棚に上げ、心優しいもクソもあるもんか。テレビ視聴者がアホだとタカをくくり、その程度の話題がお似合いっていうことか?(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5