MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

金融商品紹介 Vol.12
「金投資」のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/19 09:00

 株、FX、先物…などひと口に金融商品といってもたくさんの種類があり、それぞれ特徴があります。この連載では、「投資を始めたいけど、よく分からない」「金融商品について勉強したい」というマネー初心者に向けて、毎回、金融商品を紹介していきます。

今回紹介する金融商品は、「金投資」

「金投資」の基本紹介

 さまざまな金融商品を紹介してきた本連載も今回が最終回となります。最終回を飾るのは 「金 (ゴールド) 」です。

 金はその変わらない輝きから、古来、人々を惹き付けてやまないものがあり、資本市場が成熟するずっと以前から、人々は財産の一部として、または装飾品として保有することを望んできました。

 投資商品としては、以前にも書きましたが、金は伝統的な投資資産である株式や債券とは別の資産として、オルタナティブ投資の1つという位置づけにあります。

 ところで金そのものは保有しても利息や分配金等は生みません。それでも世界中で安全資産として好まれる傾向はあります。安全資産といっても、それは「無価値」になることがないということで、リスクがないというわけではないので注意が必要です。

 金は市場取引をされる商品であるため、金価格の変動というリスクがあります。ただし、その値動きは株式や債券の値動きと異なることが多く、金を保有することで資産の総価値のヘッジになるという点が「安全資産」と言われる所以でもあります。

 なお金のそもそもの市場は米ドル建てで行われるものであるため、ご存じない方も多いのですが、米ドル円の為替リスクもあるということをお忘れなく。

 さて金に関する取引(投資)を行うにはいくつかの方法があります。
1. 金の現物の購入・純金積立(金貨などの購入も含む)
2. 金の先物取引
3. 金鉱株、ゴールドファンド、金ETFの購入

 3. の投資信託やETFが登場したことによって、通常の投資商品とまったく変わらない手軽さで、金の市場価値の取引ができるようになりました。

 それぞれの取引において取扱い業者、取引方法、手数料、リスクの大きさはそれぞれ異なります。リスクについては金そのものの持つ価格変動リスク、為替リスクのほか、取引種類によっては別途のリスクがある場合がありますので注意が必要です。

 それでは次に金投資のメリット・デメリットを見ていきましょう。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 廣澤知子(ヒロサワ トモコ)

    マネックス証券株式会社 シニア・フィナンシャル・アドバイザー
    慶應義塾大学経済学部卒。大学卒業後、シティバンク、N.A.東京支店に入行。国際金融本部にてエマージング・マーケット、金融法人向けの外国為替のセールスなどに従事。退社後CFP®資格を取得。独立系FP会社でFPとしてセミナー講師などの活動後、2005年マネックス・ユニバーシティの設立に参画。2008年マネックス証券株式会社に転籍。セミナー講師や執筆活動のほかメディアにも多数登場。
    ファイナンシャル・プランナ-(CFP®)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、(社)日本証券アナリスト協会検定会員。
    近著『金利をやさしく教えてくれる本』(あさ出版)は韓国でも翻訳出版。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5