MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

エンタメ潮流コラム
「DSの爆発的普及に成功した任天堂の次なる戦略」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニンテンドーDSを普及させ、「ゲーム人口拡大戦略」に成功した任天堂。DSテレビやDSvisionなどのサービスをリリースし、ゲームだけではなく、書籍や音楽、映像等を楽しむ端末としての商品ポジションを確立させようとする同社の次なる戦略にスポットをあてる。

日本においてDSが2,000万台の出荷を突破

 任天堂によると、ニンテンドーDSとDS Liteの日本での発売以来の累計出荷台数が2,000万台を超えた。これは過去のハードよりも速い普及のペースであり、任天堂の「ゲーム人口拡大戦略」が成功したといえよう。

 すなわち、従来はゲームをしなかった人もDSを購入した結果、従来のゲームユーザーにのみ販売する普及スピードよりも速くなっているのである。そして、それをけん引したのは、従来のゲームらしくない「脳トレ」等のソフトであった。

 しかし、2,000万台という数字自体はPS2が累計販売台数で達成している水準であり、逆にいえば、これまで「ゲーム人口拡大」といっても、結果としての数字は従来のゲーム産業の推移で説明できる範囲にとどまっているともいえる。今後の日本のDSの展開、販売推移が本当の意味での「ゲーム人口拡大」戦略の結果を示すものであるといえよう。

 この点では、ゲーム機を越えたプラットフォームとして確立されていくことで、普及率が上昇すると考えられる。すなわち、ゲームだけではなく、書籍や音楽、映像等を楽しむ端末としての商品ポジションが確立されることで、ゲーム人口に依存しない普及台数となる可能性である。

 さらに「DSテレビ」や「DS文学全集」、「DSvision」などの具体的なサービス、アプリケーションを考慮すると、その可能性は高まるだろう。そして、任天堂は物理的なインフラを充実させるために、無線配信拠点数を増やし、アクセス機会を増加させる方針だ。(次ページへ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5