MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

FX業者を最大限に利用する方法
「口座は1社ではなく複数社開いたっていい」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/02 13:00

 FX業者は1社に絞る必要はない。いろいろな条件を鑑みてベストな数社を選んで万全の体制で取引にのぞんでいただきたい。(バックナンバーはこちら)

FX業者は1社に絞る必要はない

 FX取引ではいくつかのFX業者を利用するという個人投資家も少なくない。かくいう私もFX業者数社に口座を開き活用している。

 最初から複数社を利用するつもりだったわけではなく、自然と増えた結果だ。なぜなら銀行員時代も業者は数社使っていた。いや銀行間では存在する取次業者はすべて使っていた。すべてと言っても8社しかなく、そのうち2社は為替取引よりも資金取引に業務を集中していたため、実質は6社であったが。

 数社使うのが自然であり、当然であった。その時々の市場のコンディションで取引高が多い業者が異なる。取引高がより多い業者はより厚い流動性があり、スプレッドも狭くなり顧客に有利となる。また少々相場が荒れても安定したプライスを顧客に提供できるからだ。

 ただその流動性が厚い業者は常に一定なわけではなく、順位が変わるのでその時のベストの業者を選んで注文を多く預けていた。業者によってトラブルが生じることもあるのでいつでも代替出来る他の数社が必要であったのだ。

業者によって得意の通貨が異なる

 また業者によってドル円が強いとか、あるいは欧州通貨が強いとか、マイナー通貨が強いとかそれぞれ得手不得手もあるので、業者も使い分けしていた。個人の場合の業者の選び方、また何社と取引するかは銀行と同じような視点から選ぶことができるだろう。

 ただ銀行間取引の業者と個人向けのFXと違うところは個人のFXでは業者が取引の流動性を与えるだけでなく、為替市場の情報ソースも兼ねていることだ。銀行間取引の業者は取引の価格を提供するだけで情報のサービスはない。個人のFXは取引価格から情報の提供、さらには税金についての知識の提供などかなり至れり尽くせりのサービスを提供してくれる。

 さて個人のFXの業者の選び方だが選ぶポイントは後述のようなものがある。これらの中から個人の取引手法に基づいて選んでいく。

 数社選ぶというのは業者のサーバーがダウンした時に他社で取引しなければならない時があるからだ。ドル円のロングポジションを持っていてそれを決済しようと思った時にサーバーがダウンすることがある。

 そこで業者に電話をかけて不満をぶつけているうちに相場はどんどん動いていく。自分に有利に動く時もあるし不利に動くときもある。感情的になっているうちに相場がどんどん動いてお金がどんどん失われていくかもしれない。サーバーダウンは起こりうることと想定して、他社で売るべきだろう。

 FXは同一の会社で決済しないとポジションを解消することとはならないが緊急の処置として、A社でドル買い、B社でドル売りが出来る。サーバーが復旧して市場も落ちついた時にAB両社で反対売買すればいい。2社で取引をするので手数料やスプレッドの損失分はコストとなるがそれくらいは相場が大変動して何もせずに大きく損をするのと比べればたいした費用ではない。

 その他以下の項目で業者によって優劣があると思うので、数社選んでベストなサービスの組み合わせを自分で作ればいいと思う。上述のサーバーダウン時用の業者を選ぶである以外に、通貨選択でドル円が強い業者、欧州通貨が強い業者、夜に強い業者などに分けるのもいい。変動狙いとスワップ狙いで業者を分けてもいい。

 また情報が優れている業者も一つ選んでその業者の情報を見ながら他社で取引することも考えられる。ただあまり業者を多く選択すると証拠金を多く用意しなければならなくなる。サーバーダウンのことを考えれば最低2社は欲しい。また電話取引も出来る業者を選ぶこともサーバーダウン時の一つの脱出法であろう。

 その他、業者の選び方のポイントをまとめたので参考にしていただきたい。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 野村 雅道(ノムラ マサミチ)

    1979年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1982年ニューヨーク支店にて国際投資業務、外貨資金業務、外国為替業務に携わる。1985年帰国後、本店にて外国為替チーフディーラーとして活躍。1987年ファーストシカゴ銀行へ転出、スイス銀行を経てBNPパリバ銀行外国為替部市場部長。東京外国為替市場の中心として活躍した。現在は、FX湘南投資グループ代表(FSIG)ならびに専修大学、中京大学講師。テレビ、ラジオ、新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。著書に『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 』(講談社+α新書)など。執筆中のブログ「ID為替研究所」「ID為替レポート」「野村雅道と楽しい投資仲間達」も人気。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5