MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

為替歴26年のディーラーの本音
「為替取引は本当にそんなに儲かるものなのか」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/07/14 10:00

 現在ごまんとある為替ブログやメルマガの標題に「最強の・・・」「絶対勝てる」などの自分の取引手法を宣伝した文句が並んでいるが、本当に勝てるのであろうか? 26年もの間、為替の世界に身を置いてきた著者が本音を語った。(バックナンバーはこちら)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ジョー津田(ジョー ツダ)

    本名は津田 穣(つだ みのる)。1978年東京銀行(現 東京三菱UFJ銀)入行。1982年、当時オイルマネーが潤沢であった中東のバーレーン支店において為替・資金ディーラーとしてスタート。ロンドン支店チーフディーラー、本店オプションチーフを務めた後、1990年に外資系銀行(米系、スイス系)に転出し、為替・資金業務に携わる。
    1995年に来豪し第一勧業銀行(現 みずほコーポレート銀行)の為替ヘッドとして2007年まで活躍。顧客に的確な市場情報の提供/アドバイスを行い、豪州各地で講演会や市場説明会を実施して顧客の評価を得る。
    2008年から知り合いの投資家の運営する AT FUND, Sydneyにファンドマネージャーとして参加し現在に至る。在豪10年以上の間に培った市場関係者との良好な関係を現在も維持し、日本の投資家に向けて市場メッセージを送り続けている。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5