MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【ヘッジファンド】 プーチン政権下で起こるロシアの
「億万長者、誕生ラッシュ」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/04 15:30

 ロシア最大のお金持ちは石油王のローマン・アブラモウィッツ氏(40歳)。資産は192億ドル。日本の孫正義氏が58億ドルであるから、3倍強の資産家といえる。離婚した妻のイリーナも多額の慰謝料を手にして、今ではロシアで11番目の富豪にランクインしている。

ロシアの魔力の源泉は豊富な天然資源と手段を選ばぬ政治力

 このところ欧米のヘッジファンドが熱い眼差しを向けている投資先がロシアである。折から、ロシアのプーチン大統領は「タイム」誌の「2007年の人」に選ばれたばかり。ノーベル平和賞に輝いた環境問題の伝道師、ゴア米元副大統領を押さえての快挙である。

 ロシアはプーチン政権になってから、強いリーダーシップの下、大国として復活の道を驀進中。至るところに投資のチャンスが見え隠れする。世界のマネーが吸い寄せられているのもうなずけよう。

 ロシアの魔力の源泉は原油や天然ガスに代表される豊富な天然資源と、それらを開発するために手段を選ばぬ政治力にあるといえる。原油高を背景に著しい経済成長を成し遂げ、最近ではルーブル建ての貿易決済や原油取引所の設立も話題になりだした。

 思えば、1999年、ロシアのGDPは1880億ドルに過ぎなかった。それが2007年には1兆1850億ドルにもなった。実に6倍強も膨れ上がったのである。

 外貨準備高で見ても、2000年の250億ドルがすでに6000億ドルにまで急増中。一人頭に換算すれば、世界最大のドル保有国に成り上った。1998年、デフォルトに陥り、経済規模が40%も縮小したのがウソのような華麗なる変身ぶり。その後、ロシアの株式市場は1000%を超える急騰ぶりを見せている。

モスクワの労働者の平均年収は1万ドルを突破

 モスクワの労働者の平均年収は1万ドルを突破。上海の6000ドルを軽く超えてしまっている。ロシア人の個人貯蓄は対前年比で68%も増加。当然のことであろうが、富裕層を狙った欧米の高級ブランドが殺到している。一般庶民もウォルマートやスターバックスで買い物やコーヒーを楽しむようになった。トヨタ自動車も本格的な工場進出を決めた。モスクワだけで日本食のレストランは200軒を数えるほど。豊かさを手にしたロシア人は健康と株式に大きな関心を寄せ始めている。

 その結果もたらされたのが、前代未聞のIPOブームである。(次ページへ続く


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5