MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

想定以上の上昇相場で注意 「ダマシにあった」と騙される投資家になるな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/01 09:00

 今回は、想定外・想定以上の株価の上昇・下落に対する、よくある投資家の反応を考えてみましょう。相場で負けた場合に、「ダマシに遭った」と言う投資初心者は少なくありません。しかし、本当に「ダマシに遭った」ために負けたのでしょうか。(バックナンバーはこちら)

ダマシにあったと騙される投資家にならないために

 常に収益機会を見出そうとする、生き馬の目を抜くきびしい相場の世界。勝った時は「出し抜いてやったぞ」、負けた時には「ダマされてしまった」と感じる投資家は少なくありません。

 しかし、勝った時に出し抜いた、負けた時にダマされたという投資家心理は、勝った時は実力、負けた時は人のせいとの考えに基づきます。今回は、想定外・想定以上の株価の上昇・下落に対する、よくある投資家の反応を考えてみましょう。

テクニカルのダマシと、株価の上昇・下落の真偽を混同する投資初心者

 株価(指数)が己の想定外・想定以上に上昇・下落した場合、投資経験の浅い方は、第一に「なんじゃこりゃあ」、第二に「この上昇(下落)は本物なのか偽物なのか」と疑う特性があります。

 相場に限らず、夫婦生活でも、子育てでも、職場でも、想定外・想定以上の事態に遭遇した場合、驚愕と疑念・懐疑の念が湧くのは、人として当然の心理です。しかし、驚愕と疑念・懐疑は、人としては当然の心理ですが、投資家としては、好ましくない考え方・心理です。

 相場におけるテクニカル用語に「ダマシ」という言葉があります。

用語解説【ダマシ】

テクニカル分析で売りシグナル、買いシグナルが出ても、その後の株価がシグナルに反して動いてしまうこと。実際に「ダマシ」の場合もありますが、単に「投資家自身が誤ったテクニカル分析により騙されていた」という自爆パターンも多い。

 このテクニカル用語である「ダマシ」を、「株価上昇・下落の本物・偽物」と混同している投資初心者の方が少なくありません。テクニカルに相場用語としての「ダマシ」はありますが、株価の上昇・下落自体に、本物も偽物もありません。動いた株価は、買い手と売り手がいて、そこに値が付いた以上、全て事実であり、本物なのです。

 市場の流動性低下等により、思わぬところで価格が決定される、値がつく場合(ミスプライスの場合)もありますが、これも値が付いた、付いている以上、すべて事実=本物でしょう(ちなみに、ミスプライスは、そうそう頻出するものではありません)。

 金融情報ベンダーから、相場用語として株価の上昇・下落が「本物・偽物」と表現・報道される場合はあります。しかし、それは本物か偽物かの議論をしているのではなく、情報伝達上の表現に過ぎません。

「いや、そんなことはない。株価の上昇・下落に、本物・偽物はある」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、相場・経済において本物、偽物を断定することは非常に困難、且つ危険です。

 仮に、株価の上昇・下落に、本物・偽物があったとしても、継続的な株価上昇・下落が続けば、本物が偽物になり、偽物が本物になるということもあるのです。

 例えば、短期的株価上昇が(仮に)偽物だとしても、その上昇が継続し中期的に株価が上昇すれば、企業・金融機関の財務面が改善され、企業・金融機関の財務面が改善されます。そして、企業・金融機関の財務面が改善されたことで、株価が上昇し、それにより設備投資期待、増産・収益拡大期待も生まれ、株価が更に上昇するということは、相場ではよく見られる現象です。(参考:前回記事

 もしも、相場に本物・偽物があるとすれば、それは投資家にあります。株価の上昇・下落に乗れて、勝てる投資家、それは本物と言っていいのではないでしょうか。(次ページへ続く)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Heyward(ヘイワード)

    本業絶不調のため、やむなく相場で食っている一個人投資家。
    「勝たなくてもいい・負けなければ。負けても負けの金額を限定すること!」をテーゼに先物相場で日々奮闘中。
    楽観的・魅力的な先物相場の見方は証券会社にお任せして、私からは先物の恐ろしさ、個人投資家が陥りやすい相場に潜む罠、相場に起こる事象の見方・解釈、相場に挑む際の心の持ちよう等々を、個人投資家ならではの、しがらみのない立場で、皆様にお伝えできればと思います。
    日々の相場概観、ザラ場リアルタイム情報はブログ「株と先物の勉強会」にて更新中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5