MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【新春企画】
アナリストに聞きました「2008年の相場はどうなる?」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/03 14:50

 明けましておめでとうございます。個人投資家の皆様は今頃「2008年はどんな投資していこうかな」と考えているのではないでしょうか。MONEYzine(マネージン)に執筆しているアナリストに編集部が「2008年の相場はどうなる」と質問をぶつけたので、投資方針の参考資料としてどうぞ。

多くの投資家が敗退した2007年

 明けましておめでとうございます。MONEYzine(マネージン)で編集を担当している小野と申します。どうぞ今年もMONEYzineをよろしくお願いいたします。

 さて皆さんの昨年2007年の投資成績はいかがだったでしょうか? 昨年の日経平均は年始めは1万7000円程度から始まり、前半こそ1万8000円を超える場面も見せましたが、後半はずるずると下がり、12月には1万5000~1万6000円のレンジに収まり、そのまま年を終えてしまいました。

 こうしてチャートだけを見て振り返ると、それほど大きく下がったわけではないですが、厳しい思いをした投資家の方も多いかもしれません。この1年は、2月のチャイナショックに始まり、7月~8月にかけて米国サブプライム問題が世界的に不安視され、相場が急落しました。その結果、株式・先物・FX市場の全てで多くの個人投資家が被害を被ってしまったのです。私も「○○さんがFXで1000万円やられたらしい」などの話を知り合いの個人投資家から耳にすることがありました。

 一方で世間には、「FX脱税で3人告発 東京国税局」「元小学校長がFXで約1億円脱税」といったようなニュースが流れ、そのたびにFXに興味のある人は、「FXってやっぱり儲かるんじゃないの!?」と誘惑にかられたと思いますが、こうした脱税事件の多くはその利益を2003年~2006年ごろに得たものであって、昨年は脱税で捕まった上に、取引も損失が出て…という泣きっ面に鉢状態になっている恐れもあります。耳にたこができるほど聞いていると思いますが、投資はリターンが期待できる半面、リスクも負わなければならないのです。

2008年はどんな相場になるか

 とはいっても相場は常に変化し続けるものです。悪い相場が続けば、そのうち良い相場に転換します。そういった意味では2008年はもしかすると明るい相場が待っているかもしれません。そこでMONEYzineで連載を担当しているアナリストたちに「今年、2008年はどんな相場になるか」を聞いてみました。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 小野 健志(編集部)(オノ タケシ)

    MONEYzine編集部所属。
    大学時代から投資を行い、株高円安に浮かれた20代では損失を拡大させる経験も。
    現在は日本株、FX、CFD(原油)、社債、国債、ネット預金と幅広く資産運用しており、収支目標は年6%と手堅い投資スタイルに変化している。
    (複利で計算すると老後は億万長者の予定)
     

    世界が金融危機に陥った2009年は逆張りが機能し、16%増と好調だった。
    資産分散には気を配っているが、一番好きなのはFXのドル円取引。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5